地方銀行が投資素人を借金漬けに



 SankeiBizに「公務員・サラリーマン大家…投資素人を借金漬けに 地方銀行のウラの顔 」 という記事が掲載されていました。リスクの高い不動産投資に、公務員や大手企業のサラリーマンなど、自己破産できずに、返済が確実な人を誘い込んだりする地銀がでていること。さらに、マイナス金利で融資先を無理に探さなければならず、無理筋の不動産セミナーを後押しして、不動産投資を勧める複数の地銀もでているそうです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 不動産関係者の間では、過払い金返金訴訟のCMが不動産投資に失敗した人の債務整理のCMに代わるのではといわれるほど。「捨てられる銀行」(講談社現代新書)という、金融庁が、地銀の役割を地域再生にシフトさせていると紹介した本もありましたが、理念とは別に、現場ではまだまだあこぎなことが行われているようです。

 まだ、都心部などでは不動産は上昇傾向にありますが、少子高齢化や東京オリンピック後の反動を考えると、不動産投資は、リスキーだと思います。そういうところに、地域のためにより貢献すべき地銀が率先して顧客を突入させるのは困ったもんです。

 そもそも不動産セミナーで不特定多数に紹介されるような物件にあまりお得なものがないとか、その程度の常識はほしいですね。普段使わないような大金に関することなのに、あまりに人のいいなりになるというのは不思議なことです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR