GPIFが2期連続赤字



 GPIFが発表した2016年4~6月期の運用実績は5兆2342億円で、赤字は2期連続です。14年10月に資産構成に占める株式の比率を増やしてからの累積も1兆962億円の赤字に転落しました。野党や一部マスコミが鬼の首を取ったようにいいたてています。朝日新聞の記事

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 この期の成績が悪かったのは、イギリスのEU離脱騒動で株価が世界的に動揺したから。一時的な要因に過ぎません。GPIFは動画でわかりやすく市場環境を説明しています。 年金積立金の運用は長期で評価することが必要。短期的には収益率のぶれが大きくなるが、長期的にこの割合を維持することで、年金財政上必要な利回りを確保しやすくなるよう設計されています。

 株価は上下にぶれますが、利子・配当収入は第1四半期の3カ月間でも8342億円も確保しており、成長の果実を着実に獲得しています。投資原則、行動規範に基づき、年金事業の安定に寄与していくとしています。僕自身もこの説明には納得していますので、もし、報道などで不安を感じたら、しっかりとした説明を動画でみることをお勧めします。

 これまでのところ、7、8月は堅調で7-9月期が黒字になったときに、マスコミや野党がどう反応するのか、しっかり見ていきたいと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

証券会社の運用担当者曰く、株なんてインデックスだろうが何だろうがカジノでルーレット回すのと同じです。実際に年金受給するときに受給額が大幅に減ったり、75才以上受給とかになった時、上のような呑気なことを言っていられるでしょうか。
経済学では不確実性をリスクと呼びますが、年金に不確実性は許されません。これは必ず必要なお金ですから。
70才頃だと会社員だと雇用されている可能性は低いでしょうし、退職して明日から毎月10万で生活しろとか言われても、結構困ると思いますよ。医療費や介護負担増、または年金削除のせいで子供に良い教育を付けられなくなったとしても、年金の株式運用万歳とか言っていられるかどうか、何十年か後が見ものですね。

Re: No title

コメントありがとうございます。

 証券会社の運用担当者のいうことをうのみするのでなく、ご自身で資産運用の基本であるマルキールとかエリスをお読みになることをお勧めします。また、GPIFの動画を確認されてますか?
 そもそもマイナス金利の時代は債券だけでは収益を上げられない可能性があるのですし、将来的にはインフレ負けする危険もあるので、「不確実性は許されない」ということはありえないのですけど。
 

No title

>ななしさん

FX、債券、株式等のリターンの考え方 (回答)
http://www.tsurao.com/archives/1637194.html

反論も結構ですが、これを読んでみてね!
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR