ここまでやるか GPIF攻撃



 プレジデント・オンラインに「GPIF「年金運用赤字5兆円」のカラクリ」という記事が載っていました。筆者は大阪経済(指摘をうけ修正です)大の岩本沙弓客員教授。岩本さんの意見の是非はともかく、この記事にはあからさまに、酷い部分がありました。GPIFを批判するためには何でもいいということなのでしょうか。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 記事の4ページ目、「一部でGPIF解散・廃止の声も上がっている」との見出しがついています。一部とはどこでしょう、岩本さんの意見か、それとも野党の意見か、もし、解散・廃止したら年金の運用はどうしたらいいと思っているのか、と本文をよく読んだところ、そんなことは一行も書いていないのです。見出しは印象が強いので、そこだけで「廃止」など書いたら、本文と誤ったイメージを与えるでしょう。

 岩本さんは「GPIF自身が主眼に掲げた、年金給付を賄うための改革となりえているのか、年金制度のグランドデザインはどうあるべきなのか、出資者である国民は淡々と問う必要があろう」と、当然のことを書いており、どこにも、解散しろとか廃止しろとかありません。しかし、本文のどこにもないことを、よく目立つ見出しに載せるというのは、ひどすぎるのでは。岩本さんも、見出しをみておかしければ文句をいうでしょうし、納得しているのなら、本文にその部分を付けるべきではないでしょうか。

 ちなみに、GPIF廃止で検索するとリフレ派の高橋洋一さんがいっている記事がありました。しかし、現実問題として、高齢化して社会負担がおもくなる一方の日本で、積立金を有利に運用するのことは必要だと思っていますし、今廃止したら、その浮いた100兆円以上の金をどうするのかなど、簡単に片付く問題ではありません。こんな問題を、本文にない見出しだけにつけるなんて、そこまでGPIFを攻撃したいのか、とちょっとびっくりしました。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

はじめまして。
リンク先記事を確認いたしましたが、おっしゃる通りで私も驚きました。

GPIF憎しということで、最近ではネットユーザー間でも、批判にすらなっていない暴論が散見されます。
投資はギャンブルだからやめろなどの短絡的な意見も、テレビのコメンテーターレベルですら聞かれるほどです。

それはそれで一つの意見としてよろしいとは思いますが、そうであるならば、
今後世界的に超長期のデフレに突入する確信を示すであるとか、現在まで有効であった株式投資が無効になる転換点なのだということを
説明してほしいと思うのですが、投資=博打=ダメ!という思考しかないんじゃないのかな?と疑ってしまう場合もあります。

Re: No title

コメントありがとうございます。

勉強不足な議論は勉強してもらえばなんとかなるけど、
今回のようにでっち上げの場合、意図的にやってるからどうしようもない。
マスゴミといわれてもしかたないと思ってます。
投資=バクチ=ダメという発想を変えないと、今後生き残れないのに
マスコミは高給取りが多いから、自分たちさえよければ良いと思っているのでは
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR