日本人の知らないうちにAI支配



 なぜか日本の大手メディアでは報道されていないようですが(NHK、日経、朝日、読売、毎日で検索したらヒットせず)、アメリカのFacebook、Amazon、Google、IBM、Microsoftの5社が9月29日にAIに関して歴史的提携を発表しました。人類の歴史を変えるかもしれないのに、なぜ日本では報道しないのですかね。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 TechCrunchに直訳っぽい原稿がのっています。それによると、「5社の代表は頻繁にミーティングを行い人工知能の進歩を促進するための議論を交わすことになる。またこのグループは企業の垣根を超えてコミュニケーションを図る正式な組織も結成する」ということ。新組織は単なる議論ではなく、実例をもってAIの普及を図ろうとしているそうです。

 また、AIが人間の能力を上回るシンギュラリティも話題になっていますが、「(AIが)人類の存続を脅かすかどうかなどという議論に熱心な向きもいるようだが、われわれはすでにAIが関連する現実の問題の長いリストを抱えている。コンピューターは、われわれの職をすべて奪ったりしていないものの、以前から人間が持っている否定的特質も拡大する力がある」と、まず、現実的な問題にフォーカスするようです。

 一応「このパートナーシップは開かれた組織であり、将来は参加メンバーを拡大する計画」だそうです。しかし、当たり前というか、残念ながらというか、現段階の参加企業に日本企業は1社もありません(というか、アメリカ企業のみ)。ITに限らず、国際標準を決める際に、日本が参加しないで、結果的に不利益を被ることがこれまで多々あります。AIという、今後最も重要であろう分野においても、日本はおいてけぼりになって、アメリカ企業に支配されてしまうのでしょうか。

 僕ができることが何かと考えてみると、やはり長期投資の対象として、アメリカはまだまだ魅力的というか、1強の状況は当面変わらないので、先進国への投資の比率を下げないといったぐらいでしょうか。おこぼれぐらいはせめて預かりたいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR