マンション高層階は増税へ



 高所恐怖症なので、高層マンションには今までもこれからも縁がありませんが、政府、与党は、タワーマンション高層階の固定資産税を増税するようです。中日新聞の記事

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 TBSで今月から始まったドラマ「砂の塔」では、巨大なタワーマンションで、2階に住んでいるホラン千秋が、50階に住んでいる横山めぐみらにいびり倒されるストーリーです。主役の菅野美穂は25階とぎりぎり上層階という設定ですが、これは日本だけではないようで、先日みたイギリス映画の「ハイ・ライズ」でも、上層階の住民は上流で、下層階の住民をいびるというストーリーでした。こうしたストーリーも、ちょっと時代遅れになるのかもしれません。

 日本の場合、現在は階数に関係なく床面積で税額を決めており、価格が高めのケースが多い高層階のほうが、相対的に税金が安くなるのですよね。特に預貯金よりも不動産に有利な税制となっている相続税対策として、人気がありました。

 今回の政府・与党の対策で、高層階が多少増税されても、預貯金でもつよりははるかに有利だということは代わりありません。まあ、税制のゆがみをつく節税策に対応して、増税ですこしでも国の税収が増えるのだったら、それはそれで意義はありますが。

 それよりも、心配なのは地震のリスクです。21日も鳥取で震度6弱の地震がありました。高所恐怖症なので、上の階で大きな揺れに遭遇したら、生きた心地がしないでしょう。いくら資産運用で有利だといっても、とてもごめんです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「低層階は減税し、1棟当たりの税収は変えない」ということなので、妥当な法改正ですね。ただ、ご存知の通り、最上階などのプレミアム住戸を除くと、階層差の値幅は絶対額に比べて非常に小さくプレミアム住戸以外は例え高階層でも安くなりそうだ。

地震リスクを意識する話は、戸建てのがリスク高そうですけどね。
大地震で発生する崩壊する住戸がどちらが多いかという話です。
建築基準法改正前の物件がどうか、それが一番大きいような気がします。
揺れ?それは、免震や制震などマンションの構造次第かなと。体験できる場があるなら、免震で震度5~6でどれくらい揺れるのか体験してみたいものです。

Re: No title

コメントありがとうございます。

妥当な法改正ですが、いたちごっこな気分も。
地震はマンションでも持ち家でもいやなものです。
ただ、高所恐怖症からすると、高いところでゆれるのが
とてもとてもいやなんですよね
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR