幼児のスマホは2時間まで



 スマホの普及がすすむなか、幼児にスマホをみせる親も増えています。我が家の娘も学習アプリなどもありますが、動画とか知らない間に見方を覚えて、驚くこともしばしば。ただ、医学的にはテレビなどと合わせて、1日2時間までにしないと問題があるそうです。毎日新聞の記事

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 
 日本小児科医会は「スマホに子守をさせないで」というスローガンを掲げているそうです。目が悪くなるという直接の影響もあるうえ、生身の人間との会話がすくないとコミュニケーション能力に悪影響がでたり、大きくなってスマホ依存の危険もあるとか。

 スマホがでて、まだ10年たっていないため、実際どのような影響がでてくるか検証されるのはこれからでしょう。しかし、専門家の医師がこれだけ懸念しているというのは、ちょっと恐ろしい気がします。実際、僕もスマホをみるようになって、確実に視力が衰えました。

 目への影響は視力が衰えるだけでなく、体内時計のリズムを崩すことで、健康全般に悪影響を及ぼす危険があるそうです。記事にもでている坪田一男慶応大教授の「ブルーライト 体内時計への脅威」によると、なかでもブルーライトが一番の要因になるとか。

 そこで思い出すのがJINSのブルーライトカット眼鏡です。坪田さんの本でも、ブルーライトカット眼鏡を推奨しており、僕もほしくなりました。また、こどものほうがブルーライトの悪影響は大きいので、子供がかけてもいいそうです。子供へのスマホ普及とともに、ブルーライトカット眼鏡が広がれば、JINSの売り上げは伸び、株価も期待できるかもしれません。株主としてはうれしい次第ですが、ボーナスが出たらまず買ってみて、効果があるか自分で確かめてみるつもりです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR