落選した議員はただの人



 7月の参議院選挙で落選した、民進党の金子洋一・前参議院議員が「選挙で落選すると議員はどうなってしまうのか」という文章を本人のブログで掲載しています。その哀れさに、思わず同情してしまいます。民主党の中では数少ないまともな経済政策を持ったかたなので、何とか政界復帰を果たしてもらいたいのですが… 

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 政党や出自が異なるため、議員によって落選後の姿はまちまちでしょう。金子さんの場合、官僚(旧経済企画庁)出身のため、世襲議員のような地盤や看板はありません。衆院選に鞍替えしたくても、すでに県内の選挙区は他の候補者でうまっています。参議院選も3年後は現職議員の改選期で、現在の民進党の党勢から考えても、神奈川選挙区から2人当選は無理でしょうから、結局6年後の参院選まで国政復帰は難しいことになります。

 これが自民党だったら、有為な人材は衆院比例などで救済ということをするのでしょうけど、民進党は蓮舫代表自らが比例単独なんてことを言っているので、党幹部の好き嫌いできまるのでしょうね。岡田幹事長の経済政策は反アベノミクスですから、金子さんのようなまっとうな経済政策の持ち主がいかされるとはとてもおもいません。

 ただの人になると、国会議員の前バッジ以外なにももらえないそう。議員年金は2006年に新規の支給が廃止されています。退職金もなし。党からの活動費もないため、ポスターもはれないとか。

 それでも、時間が空いた分、自分の潜在的な能力を高め、「数年後にははるかに大きくなった「金子洋一」をお見せできる」と語っています。こういうポジティブな気持ちが政治家には必要なんでしょうね。

 与野党問わず政策通の議員は重要です。世襲やタレントが多い日本の国会に、少しでも政策通が増えること(もちろん、世襲議員が勉強されて政策通になっている方もいます)を望みます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR