フェイスブックでは偽ニュースの方が強い



 AFP通信によると、フェイスブック上で流れたアメリカ大統領選に関するニュースでは、主要メディアの記事よりも、虚偽ニュースのほうが多く利用者の注目を集めていたそうです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 バズフィードがフェイスブックの記事を調査したところ、虚偽ニュース、虚報の上位20本は870万件の反応がありました。一方、主要ニュースサイトの記事の上位20本の反応は740万件にとどまっていました。

 ネット、特にSNSだと自分と同意見のものを信じがちになる傾向「サイバーカスケード」が以前から言われていました。ネットで情報が豊富になるのに、受け手のリテラシーがついていってないということですね。その傾向がますます顕著になっているといえましょう。

 もっともトランプさんの支持者はCNNやハフィントンポストの記事のほうが、うそばかりと攻撃しています。投資関連の記事だと主要メディアでいい加減なものも多いですが、ネットでもいかがわしい投資を勧めるものとかごろごろしています。どの記事を信じるかは、完全に個人のリテラシーにかかっており、そこで大きな差が付くのでしょうね。

 情報が多くて振り回されるよりも、チャールズ・エリスかバートン・マルキールの著書を1冊読んで、それを何度も熟読するほうが安全だと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR