好調 GCIエンダウメントファンドが決算



 GCIエンダウメントファンドが初の決算を行いました。国内外の株、債券、REITに分散投資するとともに、オルタナティブ(株、債券などの伝統的運用でなく、ヘッジファンド、商品など多様な運用対象を組み込む手法)投資で初の独立系投信です。昨年、ブロガーミーティングを行い、出席したブロガーさんからは厳しい声も出ていたのですが、僕は目先の変わったものが大好きなので、数十万円投資しています。さて、その成果ですが…。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 僕はよりリスクの高い成長型に投資しています。昨年9月25日から今年9月26日までのリターンは7.7%でした。チャイナリスクやブリクジットなど結構荒れた年でしたが、運用報告書によると、オルタナティブ投資が奏功したとのことです。myインデックスで、ほぼ同期間の各種インデックスをみると、日本株マイナス8.6%、先進国株マイナス11.7%、新興国株マイナス4.7%と軒並みマイナスです。そうしたなか、しっかりと利益をたたき出したのは受益者としてうれしい限り。

 コストは信託報酬が0.714%でその他費用をいれても0.926%です。純資産総額は期初の1億6300万円が期末に5億5400万円と3倍以上になっていますが、それでも寂しい限りですね。分配金はゼロです。

 また、運用報告書によると、9月26日に初の基本資産配分の見直しを実施しました。先進国の低金利が続き、新興国の成長も鈍化しているなか、金融政策が市場を支えていますが、市場のゆがみが静かに拡大している可能性も否定できないと指摘。グローバル債券の比率を引き下げ、イベントリスクに耐性が期待できるオルタナティブ戦略への配分を引き上げ、ダウンサイドにより慎重なポートフォリオ配分にしたそうです。

 コストはアクティブにしては1%きっているので、まずまずですが、純資産総額が少ないのは残念ですね。さらに、ダウンサイドに慎重なポートフォリオ配分ということは、最近のトランプ上げについていけない可能性もあるということでしょう。個人的には引き続き当ファンドを保有していきますが、他人に勧めるのはちょっと躊躇してしまう気もします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR