不動産投資で自己破産する金持ちが増加



 全国賃貸住宅新聞によると、不動産投資で破産する医者や外資系企業のサラリーマンなどの高所得者が増えているそうです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 被害者は年収2000万円以上のサラリーマンや医者というから、僕の何倍も収入があるかたがたです。しかし、金を稼ぐ力と守る力は別なのでしょうか。記事によると、50代のある医師は合計8億5000万円もの賃貸住宅を購入したものの空室が多く、全部処分しても2億円の借金が残るため、自己破産したとか。

 不動産会社から紹介された金融機関が、3.5%以上の金利で融資をしたそうです。住宅ローンと違って、投資用物件となると、やはり、そのくらいの金利はとられるのでしょうかね。

 不動産投資が成功している人もいますが、やはり、基本的な勉強のうえ、個別物件をきちんと調べて、契約書も精査する必要があるでしょう。セミナーへいったり、有名人が勧めているからといって、いわれるままに借金までして突っ込むのはいかがなものかと思いますね。

 まして、国内ならまだしも、言葉もろくに通じず、法律も違うような海外不動産に投資するのはチャレンジャーだな、と思います。だいたい、医者や高給取りのサラリーマンなんて、物件を調べる暇はないでしょうし、そういう人ほど、インデックスのほったらかし投資があってるのにな、という気はします。

 まあ、年末ジャンボ宝くじの1等10億円があたれば、500万円ぐらいミャンマーの不動産に突っ込んでも面白いかと思いますが、そもそも、宝くじを買っていない僕には無縁のはなし。不動産業者や金融機関のいうことは眉につばをつけて、自分で探す力がないと、せっかく高年収でも破産しちゃえば意味がないですよね。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016年の振り返り(2)不動産投資

【12月21日終値ベース運用状況速報】 ■投資元本(待機資金含む) 68,000千円 ■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み) 36,350千円 ■損益率 53.5% ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ (来年も満員御礼でお願いします。) 前回のインデックス投資に引き続いて、不動産投資に関する2016年の振り返りです。 不動産投資については新規投資を特段検討するこ

コメントの投稿

非公開コメント

サブリース契約だと普通に不動産融資の場合は年3%程度の金利を取ります。これはデフォルトの可能性が高いからです。サブリース契約で儲かるのが業者で投資家が泣き寝入りになります。

Re: タイトルなし

NHKで普通のサラリーマンで13億円融資をひきだしてタワマン投資をしている人が大金持ちと紹介されてましたけど、高金利になったらどうするんだろうな。ただ、ハイリターンを得るにはハイリスクが必要なので(ハイリスクなら必ずハイリターンという意味ではない)、運と勇気があるひとは大もうけするのでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR