やっぱり、プリキュアはいいよね



 皆様、3連休はいかが過ごされましたか?僕は天皇誕生日は介護している母親の雑用で一日がつぶれ、クリスマスイブは仕事があって、晩ご飯はクリボッチで高級イタリアンですませました。周りは学生のグループなどで盛り上がっていたのに、一人異空間を作った感じです。ようやくクリスマスの日、時間が作れたので、娘を連れて横浜市で開かれているプリキュアカーニバルにいってきました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 ちなみに、僕も全然しらなかったのですが、横浜市はプリキュアと提携を結んでいる、女の子にとってはうれしい自治体です! 今回のプリキュアフェスティバルはDMMと東映アニメーションが開くもので、市とは関係ありませんが、なかなか興味深く楽しめました。

 といっても、値段の割には展示物はしょぼいのですが、唯一、すごかったのがライブホログラフィックによる3D映像のプリキュア新作です。眼鏡をつけずにホログラムが楽しめ、まるでその場に本物のプリキュアがいるみたい。

 スカイツリーでも、こうしたホログラムを使った案内があった記憶がありますが、VRも含めて、視覚映像を楽しむコンテンツは今後どんどんでてくるのでしょうね。DMMというとFXかムフフなコンテンツの印象があるのですが、ロボットとかVRとか、最新技術にも力をいれているみたいです。

 もう一つは東映アニメの商売のうまさ。プリキュアは毎年2月に新作に変わります。だから、クリスマスプレゼントでグッズを買っても賞味期限はわずか2カ月。にもかかわらず、娘はサンタさんにモフルン(魔法つかいプリキュアに出てくるクマのマスコット)のぬいぐるみをもらって、父親にはフェスティバルにつれていってもらい、我が家は毎年東映アニメにお布施を支払っています。こうした家庭は全国でどのくらいあるのでしょう。いくら本体の東映映画がコケ連発でも、プリキュアや仮面ライダー、戦隊モノが救ってくれると思うと、クールジャパンの本質を考えさせられます。

 会場には大きなお友達の姿もちらほら見受けられました。こういう人たちはグッズを大人買いするでしょうから、東映アニメにとっても上顧客なのでしょう。ただ、我が家では来年でプリキュアは卒業しようね、と娘にはいっています。そろそろ嵐のファンにもなっているみたいだし、いまだに二次元大好きで妻にあきれられている父と違って、まっとうな道w を進んで欲しいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR