こんなETFの使い方なんて悲しすぎる



 マネックス証券は、取り扱ったETFの売買ランキングを発表しました。予想通りというか、予想以上にレバレッジ型・インバース型に偏っており、ETFは長期投資に役立つと思ってる僕からすれば、ちょっと悲しいランキングです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 1位は日経平均のレバレッジ上場投信▽2位日経平均ダブルインバース▽日経TOCOM原油ダブル・ブルETNというレバレッジ・インバースが強いこと。4位は日経225連動型でしたが、5位日経平均ブル2倍▽6位WTI原油価格連動形▽7位日経平均ブル2倍▽8位VIX短期先物指数▽9位NOMURA原油インデックス▽10位TOPIX連動型と、商品なども人気を集めています。

 ETFはコストが低いため、国際分散された長期投資にぴったりなのですが、上位25位以内にMSCIコクサイなり、S&P500に連動したものは入っていません。投資より投機の材料になっている感じですね。

 もちろん、投機を否定するわけではなく、それも含めて市場は成り立っているわけです。ただ、金融庁も「少額からの積立・分散投資を促進する上で、本来、ETFは有用な金融商品であるが、現状では、個人投資家のみならず機関投資家の利用も十分ではなく、流動性の乏しい銘柄も少なからず存在するほか、積立投資の場合、購入の都度販売手数料が発生する等の課題があり十分に活用されていないとの指摘がある」としており、現状の使われ方やごく一部の投機的なETFばかりが人気で、流動性の乏しいものもある現状を問題視しているようです。

 僕自身ETFをいくつかもっており、分配金再投資で少しずつ買い増していますが、海外株のものは大量(といっても100万円程度でも)流動性はネックになります。国が旗を振って、ETFの流動性を高めたり、より利便性を高めてくれるなら、こんなにありがたいことはありません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR