100億円損した男が占う「日本のカジノはうまくいかない」



 カジノ法案が国会で成立しました。僕自身、カジノについての知識はまったくないのですが、ある意味、日本一カジノに詳しい人が「日本のカジノはうまくいかない」と断言しています。大王製紙元会長の井川意高氏(52)。カジノで106億円を失い、特別背任罪で刑務所に入った彼こそ、カジノの専門家中の専門家ではないでしょうか。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 週刊新潮に彼の記事が載っています。 井川氏によると、カジノで最も利益が上がるのは億単位をつぎこむVIPですが、日本人は慣れていません。すぐにだれが来たかとばらしてしまう。海外から日本にわざわざこようとしないし、日本のVIPは海外に行くと予想しています。

 もし来るとすれば中国のVIPですが、彼らが負けた場合、日本人が中国まで取立に行かねばなりません。ノウハウのない日本のカジノでは取立困難だと指摘しています。

 確かにこうした懸念というのは、実際にカジノを頻繁に利用した人でないと分からない感覚でしょう。カジノ法案で年間数兆円の経済効果といっていますが、井川氏の話を聞く限り、その見込みは引くそうです。

 そもそも、公明党も反対しているのに、自民がなぜ躍起になってカジノ法案を通そうとしたのか理解不能なところもありました。そこまでして通したカジノなのに、ふたを開けたらVIPが来ないなんてことになったら、おまぬけですね。果たしてどうなることになるのでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR