明日会社をやめてやる



 珍しく、会社で嫌なことが起きました。非常に頭に来たので、明日会社をやめてやろうと思い、本当にやめたらどうなるか、シミュレーションをしてみました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 まず転職するかどうかです。自分の仕事上の評判や業界動向を冷静に考えると、転職は可能だと思います。ただし、今より良い条件で転職するのは無理でしょう。条件というのは金銭面ではありません。何度か書いていますが、今の会社では、窓際の代わりに、基本的に仕事も勤務時間もすべて自由という信じられない待遇。こんな仕事がほかにあるとはとうてい思えないのです。

 リタイアした場合。現在の生活費と金融資産残高を計算すると、なんとか金銭的には可能かなといったところです。ただし、想定利回りは4%で計算したので、リーマンショックみたいなのが続いたらどうするかとか、緊急の出費が続いた場合には不安があります。

 さらに、妻と母がどうなるのか。一番良いのが、妻が「あら、あなたは家でなにもしなくていいのよ。私が仕事も家事も全部するから」といってくれることですが、天地がひっくり返ってもありえない。共働きなので、僕だけがリタイアしてぶらぶらすることは許されません。母の介護をするとして専業主夫になったら、今度は介護保険などの条件が厳しくなり、ヘルパーさんなどを呼ぶことができなくなります。恐らく、仕事以上にきつい家事がまっています。

 そして、働かない夫に愛想をつかされ妻に離婚を切り出された場合、財産分与と養育費の支払いをアマアマにみても、リタイアはまだ可能だと思いますが、生活はとてつもなく窮乏生活となります。最愛の娘の親権もとれず、アパートのなかで孤独死なんて将来がまっているかもしれません。

 そう考えると、会社で嫌なことがあったからといって辞表をだすのは無理かな。何となく早期リタイアできる資金がたまったと思っていたけど、家族がいると経済的な自由を得るには、非常に大変だということが分かりました。週末しっかり休んで、来週からがんばるぞー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR