ビックリ! 日本では年収400万円の方が800万円より純貯蓄が多い



 ブログのネタ探しにちょくちょく、いろいろな資料をチェックしていますが、驚いたのが総務省の家計調査です。なんと、収入がよほど多くない限り、純貯蓄額は収入が少ない人とあいして変わらないという結果がでたのです。  参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 所得を5段階に分けて、最も所得の少ない第1階級の平均貯蓄は771万円、負債残高は345万円で差し引きの純貯蓄は426万円です。これが第2階級の純貯蓄は280万円、第3階級は357万円、第4階級は415万円となっており、ほぼ横並び。収入でものすごい差がついていても、貯蓄ではたいして差がないことになります。一番お金持ちの第5階級のみ1293万円とずばぬけていました。

 負債残高は住宅ローンであることが考えられます。収入が少ない人はローンがないということでしょう。あるいは、リタイアメントした高齢者で年収は少ないけど、ローンを支払い終わっているのかもしれません。

 しかし、中流の収入では支出が多いと、下流になるということがデータで現れたともいえるかもしれません。若いうちにローンを支払い終えるか、そもそも、少額しかローンを組まないか、どちらかの対策が必要になるのかもしれません。

 ちなみに年収は第1階級は339万円、第4階級は825万円と倍以上ついています。収入が多いからといって油断すると下流に落ちかねないということが、国のデータでもしめしていますね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR