出世はコスパが悪いのか



 出世はコストパフォーマンスが悪いのではという意見がネットに上がっていました。大企業でも平社員と部長とでは年収でせいぜい数百万円しか差がつかず、まして中小企業ならその差は縮まります。アクセス働いて出世するよりも、お気楽に働いていたほうがコスパが良いという意見です。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 僕もそうだと思います(笑)。先日、若いころの友人と飲みました。彼は大企業の部長で、「自分は年収1000万円プレイヤーだ」と豪語していました。年収1000万円なんて夢のまた夢ですが、彼の話を聞くと、土日も含めて毎晩遅くまで仕事が続くそうです。さらに、仕事上のプレッシャーも大変なもの。

 ふと思ったのですが、僕の投資の含み益はアベノミクスのおかげで、ここ数年、年間数百万円はあります。つまり、お気楽社員の僕でも、年間の収入は、24時間働きマンの彼と大してかわらないわけです。もちろん、含み益なので、実現したわけではないから、机上の空論です。それでも、外食代とか衣装代とか全然僕は掛けていないのですが、彼は結構なおしゃれで、そういうのを除くと、生活水準は大して変わらないのではと思いました。

 こういう話しを書くと、そんなお気楽社員がいる会社の先行きは暗い、何て意見が出てきそうです。そうなのかもしれませんが、かえってお気楽にしているほうが、新しいアイデアが出てきたりして、社業にはそれなりに貢献しています。

 先日、テレビドラマのカルテットで、小悪党の女性が大金持ちのイケメンをひっかけて「人生、チョロかった!」と高笑いする場面がありました。吉岡里帆さんの名演もあり、非常に印象的な場面です。出世しても働き過ぎでヨレヨレになるぐらいだったら、「人生チョロかった!」とお気楽社員で過ごしたほうがよほどましだと思ってます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR