飛行機に乗ってひふみを買おう



 ひふみ投信の藤野社長がテレビ東京の「カンブリア宮殿」に出演してから人気が殺到しています。日経新聞によると、放送後1カ月ちょっとで555億円の資金が流入したとか。受益者として、ひふみの知名度が高まるのはいいけれど、懸念もあります。 

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 「カンブリア宮殿」では冒頭、ひふみに投資したら3倍もうかったとか、海外旅行や子供の教育費にあてられたとうれしそうに話すおばさまがたのインタビューが流れており、ひふみに投資すればすぐ大儲けができそうという印象を与えます。

 その結果、日経によると「ひふみプラス」を扱う大手地方銀では、店頭に「ひふみを買いたい」と「タンス預金」だった現金をリュックサックに詰めた高齢者が訪れたり、北海道で開催されたセミナーには、投資経験のない3人の子どもを持つ農家の女性が空路で駆け付けたほどです。交通費をかけなくてもスマホと郵送でやれば数十円ですむのにという突っ込みはおいといて、まさに、飛行機に乗ってひふみを買おうというわけでしょうか。

 確かにここ数年のひふみの成績は著しく良く、僕がひふみの積立を始めた2012年1月から基準価額は3倍になっています。しかし、藤野社長は普通の人の資産形成のために、長期投資の重要性を訴えています。僕も何倍になったということよりも、長期でしっかりとした投資先であり、藤野社長の理念に共感したから積み立てているのです。恐らく、ひふみに早いうちから積み立てている人の大半はそうでしょう。だからこそ、東日本大震災直後とか相場が急落したときにも資金が流入したわけです。

 しかし、カンブリア宮殿をみて、ひふみに投資したらすぐにかると思い込んだ人が増えてしまうと、相場の急落局面はもとより、1、2年たってせいぜい10%(それでもものすごいことですが)ぐらいのリターンだと、資金を引き揚げてしまう懸念があるでしょう。

 かつてJPザ・ジャパンが野村證券の推奨で資金が一気に集まったときに運用がうまくいかず、解約が相次ぎ、その後も運用成績がかんばしくないことを想起してしまいます。ひふみは目先は非常に好調であり、藤野さんも3000億円を超えてからの話しをするようになりました。

 正直、マイナーアイドルのファンだったのに、テレビ出演でにわかがふえて、ネットで悪評が流されるような気持ちもあります。それ以前に金融商品なので、テレビで大々的に宣伝効果がでたらどうなるのか織り込み済みで、今後もしっかり運用してもらいたいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR