おっぱいバレーとは何か





 第5回 投資にチャレンジ!eMAXIS「ポートフォリオの達人」の受付が始まりました。個人戦は何となく申し込んでぼーとしていたところ、投信ブロガー界の名門中の名門グループのスカウト、とよぴーさんから、団体戦参戦のお誘いを受けました。その名も高き「チームOPV」。綾瀬はるかさん主演の映画「おっぱいバレー」から名前の由来は来ています。投資のことは詳しくなく役立てるかどうか疑問なのですが、映画ブロガーとしては、ここで「おっぱいバレー」について解説することで、チームの盛り上がりになるのではと思いました。そこで、2009年に書いたおっぱいバレーの感想文を採録します。8年たつと、綾瀬はるかよりも仲村トオルの「ナイス、おっぱい」のセリフのほうが印象に残っているのですが、それはご愛敬(笑)



 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。



にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 スタイルのいい綾瀬はるかが主演で、このタイトルだったらお色気たっぷりの映画かと思いきや、青春映画の王道作品。あまりにベタすぎる気もしたけれど、中学生のころを思い出させてくれた。



 【ストーリー】

 1979年、北九州の中学校に転任してきた教師の美香子(綾瀬はるか)は、前任校で生徒たちの信頼を裏切り、「嘘つき」呼ばわりされたのがトラウマになっていた。美香子は今度こそ生徒たちから信頼される教師になろうと、張り切って男子バレー部の顧問になる。



 ところが、バレー部員はキャプテンの平田(木村遼希)をはじめ、女のことしか考えず、まともな練習などしたことがない生徒ばかり。しかも、5人しかいないため、練習試合もできない。美香子は彼らを奮起させるため、「あなたたちが頑張るなら先生は何でもする」とつい、言ってしまう。平田たちはすかさず、「試合に勝ったら先生のおっぱいを見せてほしい」と無理なお願いを。当然断ろうとする美香子だが、「何でもするといったのに、先生の嘘つき」と平田に言われ、つい反射的に条件を受け入れてしまう。目標ができた生徒たちはがぜん張り切る。バレーの名選手(仲村トオル)を父に持つ、新入生の城(橘義尋)も加わり、猛練習を開始した。果たして、チームは勝利できるのか?美香子先生の運命は?



 【感想】



 70~80年代に中学生だった人にとっては青春時代を懐かしむど真ん中の映画になっている。今と違ってインターネットなどなく、女性の裸など、妄想か怪しげな裏本でしか手に入らず、悶々とする中学生たち。親の目を盗んで深夜テレビ「11PM」を見ようとしたり、女子更衣室をのぞこうとして見つかったり、当時の青春のアイコンみたいな場面がてんこ盛り。受験、就職といったイベントを控えて、人生最後の無邪気な時代を過ごしている。さらに、キャンディーズ、ピンクレディー、荒井由美ら70年代をいろどる名曲が効果的に使われる。



 タイトルや一部の週刊誌などの報道から、綾瀬はるかのおっぱいを期待すると肩すかしにあう。「僕の彼女はサイボーグ」のボディラインがくっきりでるコスチュームの方がよほど色っぽい。けれども、性知識がないため、おっぱいに固執する中学生たちの無邪気さは、美香子でなくても苦笑してしまうし、ほほえましさすら感じる。綾瀬よりも、むしろ中学生たちの肢体がまぶしく、「海猿」の羽住英一郎監督が、割とフェティッシュな映像をとるのにも意外な気がした。



 また、生徒と教師の関係にも、さりげなく踏み込んでいる。生徒と教師はどこまで仲良くなっていいのか、嘘をつかないというのはどういうことなのか。美香子の中学生時代(大後寿々花)のエピソードを盛り込むことで、教育のあり方というのも、少しは考えさせられ、なんだかんだいって、美香子を先頭に練習に励む彼らの姿はすがすがしい。バレーのコーチを大林素子が務めていることもあり、バレーシーンはしっかり見られるものになっている。



 ただ、この手の映画を何本を見ている身からすれば、またか、というシーンのオンパレードはいささかうんざり。例えば、大事な約束に遅れそうなとき、電車もタクシーも使わずに走って駆けつけるとか、電車に乗って町を離れるときに、走行中の電車から窓の外をみると、手を振って見送りしていたり(いつも思うのだが、反対側の窓側に座っていたらどうなるのだろう)とか。また、いささかエピソードを詰め込み過ぎた気もする。美香子の元彼(福士誠治)のシーンなど、あの程度だったらばっさり削った方が良かった。ベタな青春映画だから、ベタなシーンを多くしたのかもしれないけど、隠れた青春映画の名作「逆境ナイン」の羽住監督なら、もう少しうまく交通整理ができたろうに。採点は6.5。(2009年)4月18日公開。(試写)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR