ここまで厳しい投資への判決



 静岡県内の40代歯科医師が、違法な株取引で損害を受けたとして野村證券を訴え、静岡地裁浜松支部は野村證券に5785万円の支払いを命じました。毎日新聞の記事

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 記事によると、歯科医師は2009年5月から11年10月まで約50種の銘柄を247回売買し、1億3466万円の損害を出し、4203万円の手数料を支払ったとしています。これはリスクの高い信用取引だったみたいで、男性の理解力が不十分なのに、担当者が取り引きを主導したと認定したそうです。

 また、判決は「顧客である一般投資家を過当な取引に誘う危険が内在している」としており、何度も取り引きを繰り返す証券会社の手法を問題視しているようです。

 僕が驚いたのは、原告が40代の歯科医師であるということ。認知症の高齢者につけこむのならいざしらず、歯科医師なら知能も高いでしょうし、40代なら判断力もあるでしょう。一方で、40代なのにネット証券を使っていないところに、金融リテラシー的にはどうなのかなと思いますけど。この手数料の高さはネット証券ならありえないでしょうし。

 2年半で247回の売買ということは月8回ぐらいの売買で、これも、デイトレーダーとかと比べるとものすごい頻繁とは言い難いような気がします。にもかかわらず、裁判所は違法認定をした。これって、結構、金融機関にとってダメージが大きな判決であるような気もします。

 記事だけではよくわからないので判決を読んでみたいなあ。いずれにせよ、ネット証券でインデックス投資メインの僕にはあまりかかわりのないことですけど。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR