インデックス投資でもキャッシュフローが改善した



 先日、ツイッターでインデックスと高配当株投資の比較のなかで、インデックスではキャッシュフローが改善しないのではとの論議をみました。これは個人的な感覚でしかないのですが、僕自身はインデックス投資をしたおかげで家計のキャッシュフローはずいぶん改善しました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 以前もこのブログで書きましたが、リーマンショックのころ、FXで700万円溶かし、持っている株も大幅に値を下げて、資産が最盛期の4分の1の500万円程度まで減ったことがあります。ちょうど子どもが産まれて、どうしようかと焦りました。

 そこでとった手段は徹底的な倹約です。昼食は弁当で食費は月1万円以下を目標として、趣味だった映画鑑賞も一切やめ、飲み会などもほとんどでなくなりました。渋谷-新宿とか東京ー新橋ぐらいの移動は歩いて、往復300円ぐらいの交通費を浮かすありさま。

 さらに、ポイントサイトを複数申し込んで、クレジットカードを多数つくったり、1回数円もうかる程度のゲームに時間を費やしたりしていました。お金は全額貯金です。その結果、年間250万円ぐらいの貯金ができましたが、生活はぎりぎりで、無味乾燥な毎日でした。

 その後、天引きでインデックスを中心とした積み立て投資を始めました。アベノミクスの波に乗り、資産は当時の10倍以上に。すると気持ちの余裕ができて、節約をしなくなりました。それでも、天引きをしているので、年間、一定額の投資原本ができます。スノーボールという言葉があるように、ある程度の資産ができたら、それがうまく回っていく。家計のキャッシュは思い切りふえ、今では年間200本近く映画館で映画を見て(25万円~30万円ぐらい!)、子どもと一緒に遊園地にいったり、ファミリアで洋服をかったりと自分としては裕福な生活を送っています。

 ただ、これは気の持ちようで、インデックス投資では短期間で10倍とか無理です。自分は今程度の生活で満足しているので、大金持ちになろうという気は特にありません。年間6%程度のリターンがあれば60歳で1億円は達成できますから、投資についても十分です。

 けれども人によっては考え方が違い、いくらお金があっても増やしたいという方もいるでしょう。それはその人の考えで否定しません。不動産投資だろうが、先物・FXだろうが、ご自身の考えでやればいいわけです。また、効率的に米国高配当のほうが良いといわれたら、まあそうなんでしょうけど、面倒くさいしそこまでやらなくてもいいやといったところでしょうか。

 問題はリーマンショックのようなことが起きたときに、こういう余裕をもてるかでしょうが、仮にリスク資産が半減したとしても、アッパーマス層には踏みとどまれます。さらに、定収があればあと10数年はまた投資減資を増やせます。節約生活も体験しているので、やろうと思ったらできるでしょう。これも貯金だけだったらとても、こんな境地にならなかった。インデックス投資で資産が大きく増えたからだと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR