安倍内閣が倒れたらどうなるだろう



 安倍内閣の支持率が暴落しています。時事通信やANNの調査では危険水域と呼ばれる30%を切りました。民進党の支持率は上がっていないため、政権交代というのはなさそうですが、自民党内でも反安倍の動きがでているため、安倍政権が退陣する可能性もでてきたと思います。僕自身は安倍内閣の経済政策は賛同しており、むしろ逆境を参考にして、お友達の問題児を閣僚から外したり、説明責任をしっかり果たしてもらって、よりよい政権になってほしいのですが、投資家としては何が起きても対応できなければなりません。どうなるのか考えてみました。

参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 自民党内の有力候補というと、麻生さん、石破さん、岸田さんなどが考えられます。しかし、いずれも財務省べったり、反アベノミクスの政策をしそう。具体的には消費増税で緊縮政策です。そうなると、景気は悪くなり、円高株安になることが想定されます。それだったら、リスク資産を縮小すべきなのでしょうか。

 確かにそうしたほうがよいのかもしれません。でも、安倍内閣が持ちこたえるかもしれないし、日本で政変があってもアメリカや中国で円安株高になるような要因がおきるかもしれません。また、日本企業のファンダメンタルは好調ですので、政治の要因はそれほど経済に影響しないかもしれません。結局、専門家でもわからないのに、素人の僕が安倍内閣がどうなるか、その先の経済がどうなるかなんてわかりっこありません。

 下がるかもしれないけど、上がるかもしれないなら結局、バイアンドホールドが一番です。少なくてもコアの資産は引き続き淡々と積み立て投資していきます。

 ただ、素人の予想もあたることもあります。民主党政権から安倍政権に変わったとき、これは円安株高になると思ったため、定期預金や積立保険を解約して、VTなどの国際株式を購入しました。これが大当たりです。だから、今回の政変でリスクオフする人がいても全然おかしくありません。

 もっとも積み立てている中にインフレ連動国債ファンドがあるのですが、これの積み立ては普通の日本国債ファンドに切り替えようかな。インフレはなかなか起きそうもないですからね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR