母子家庭は月30万円必要だそうだ



 北海道新聞によると、北海道労連(北海道労働組合総連合)が札幌市の母子家庭が健康で文化的な生活を送るために必要な費用「最低生計費」は月30万円との試算結果を公表したそうです。 これにはびっくりしました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 月30万円ということは、税金や社会保険料を考えると年収500万円近くは必要です。30代前半男性サラリーマンの平均年収430万円では全然たりない。つまり、平均より多い収入を得て、ようやく健康で文化的な生活を送るということです。道労連のサイトに詳細がのっていないため、人数とかわかりませんが、かりに母1人、小学生2人の世帯としましょう。

 大体、僕も札幌に住んでいたことがありますが、東京より物価が安い。まず、ファミリー向けの家賃は札幌で一番人気のある白石駅周辺で58000円です。 光熱費は冬が寒いだけ東京よりかかりますが、月27000円。 子供の教育費は全国平均だけど27000円*2で54000円。食費はこれも全国平均ですが5万円程度。このほか、小児医療助成があるから、医療費は毎月かかったとしても1000円程度。服飾費は3人合わせ10000円。  ここまで全部足しても20万円です。

 札幌市内は公共交通網が発達しているので、自家用車はなくてもよいところが多いのですが、どうしても自動車が必要だというならば、軽自動車は月間30000円ほどかかります。 これでも23万円です。しかも、ここまで最低限どころか、平均の数字でカウントしてきているのです。30万円というのは最低限どころか、それなりによい生活といえるのではないでしょうか。

 母子家庭が貧困に陥らず、きちんと生活できるようにすることは大切ですが、あまり過大な額をいわれても、反発を呼ぶばかりではないでしょうか。結局、調査した大学の先生にしろ、掲載した北海道新聞の記者にしろ、平均以上の収入なり、安定性があるから、最低限の生活にいくら必要なのかという計算ができないのかな、というのが正直な感想でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR