300万円の貯金が無い石田純一と黒木瞳 冬ドラマ感想

 「エヴァ」「鈴木先生」に続き投資ブログらしく書くシリーズ第三弾はテレビドラマ。今冬のテレビドラマは水準が高く、毎日楽しみにみています。中でも、「おトメさん」(テレビ朝日系)、「最高の離婚」(フジ系)がある木曜日が一番楽しみにしております。

 2月21日放送回では、ともに突然のアクシデントに見舞われたときに、お金がないとどうなるのか、という話がでてきましたので、ブログネタにできると、大いに盛り上がりました。なお、役名では見ていない人がわかりにくいでしょうから、俳優名であらすじと感想を紹介します。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ



 「おトメさん」の主人公の黒木瞳の夫、石田純一は映画会社の部長で、役員昇格が内定しているエリート社員。しかし、出入り業者から300万円を受け取っていたことがバレ、明日までに返金しないと会社を首になってしまいます。石田、黒木とも大慌てで金策に走りますが、取引先の銀行では「会社に融資しますが、個人に融資しません」とつれなく断られ、サラ金に飛び込むしかないかと覚悟を決めるほど。結局、姑の黒木と犬猿の仲の嫁、相武紗季がキャバクラ嬢時代に貯めたお金で難を凌ぐ、というストーリーです。

 華やかな映画会社の幹部で、普段は高級レストランで若い女性社員と不倫など、思う存分に生活を楽しんでいるかにみえる石田と、専業主婦で一戸建てに住み、日々、バラの花の手入れに時間を費やしている黒木。しかし、その内実は貯金が150万円しかない、薄氷の上の家計でした。

 石田、黒木ともバブルを満喫した年代だろうから、日々の生活を贅沢にして、貯金がないというは世代的にぴったり。住宅ローンは繰り上げ返済したというのは立派ですが、それに安住して貯金はなく、あるがままに使うキリギリス生活をしているのは笑ってしまいます。そんなに貯金がないのなら、黒木がパートにでればいいのに。

 一方、相武は貧しい生まれで、金銭に苦労した設定もあるため、お金にはシビア。また、万が一のために貯金をちゃんとしています。世代的なものもあるし、生まれもあるでしょうが、バブリーな石田、黒木夫妻が、普段は見下している相武に、助けられるのは痛快でした。ちなみにこのドラマ、相武が犯罪にかかわっているのでは、という疑惑もあるミステリー仕立てにもなっています。タイトルから見ないと損をする、毎回、次が気になる内容です。

 一方、「最高の離婚」では、綾野剛が真木よう子に浮気がバレ、家をたたき出されます。綾野は美大の講師をしていますが、お金がないためか、漫画喫茶に寝泊りする日々。ここでも、綾野は毎回おしゃれな店で女性と浮気しているキリギリス生活が垣間見え、いざというときに、漫画喫茶に逃げ込むしかありませんでした。

 若くても、金銭にだらしがないと苦労しますね。ただ、離婚の場合、慰謝料だの、財産分与だの、養育費などがあるから、通常は男性の方が大きなダメージを受けてしまいます。綾野もこれにこりて、きっちりと生活をすればいいのにと思うのですが、性格的にどうみても無理ですね。ちなみに、綾野は大河ドラマの「八重の桜」で会津藩主松平容保を凛々しく演じていますが、それとのギャップに驚きます。

 「最高の離婚」はベテラン脚本家の坂元裕二(「東京ラブストーリー」「Mother」)の脚本が素晴らしい上、瑛太、尾野真千子、綾野、真木のコンビネーションが素晴らしく、早くも今年ナンバーワンのドラマ候補です。

 まあ、ドラマをみても、生活防衛資金はたっぷりとためないとダメだな、という感想がでてしまう私は、長期投資脳になっているためでしょうか。我が家は突然の災難が降りかかっても、なんとかできる家計を目標としていますし、そもそも自業自得の不倫や犯罪はしないというのが一番大事でしょうかね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR