金融庁がNISA恒久化を要望



 金融庁は平成30年度税制改正要望項目をまとめました。NISAについては利便性向上のため、口座開設のその日に買い付けを可能にすることや恒久化を求めています。このうち、NISAの恒久化は多くの投資家の悲願でしょう。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 そのほか、個人投資家に関係がありそうな項目は公募投信の内外二重課税の調整です。なぜか国交省との共同要望ですが、現在、公募投信が持つ海外資産は、配当などはまず海外で課税されたあと投信にわたり、それが個人投資家に分配金として払われるさいには日本でも課税されます。その二重課税を解消しようというもの。 また、損益通算の対象をデリバティブ取引や預貯金に拡大することも要望しています。

 このほか、生命保険料控除の上限は原稿では12万円ですが、15万円にひきあげること、相続の際の株式の評価方法について見直しをすることなどが盛り込まれています。

 今後財務省との折衝や、国会で実現される項目がきまっていきます。金融庁の森長官の任期も今年度が最後でしょうから、豪腕を発揮し、ぜひとも実現させてもらいたいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR