FC2ブログ

ヘッジファンドは本当に復調したの?



 日経新聞に「ヘッジファンド世界で復調 運用収益10カ月連続プラス」という記事が掲載されました。 「世界のヘッジファンド全体の運用収益を示す総合指数は2017年8月まで10カ月連続でプラスを確保。プラスの連続記録としては07年以来の長さとなった」そうです。さすがは世界トップクラスの人材で、素人には思いもよらない投資法をしているヘッジファンドです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 この結果、17年4~6月期は50億ドルの流入超となり、資金流出が続いた昨年とは違って、資金がどんどん入っているみたいです。平均的なヘッジファンドの年初来の上昇率は5.36%。最も好調なのは「株式型ヘッジファンド」で年初来8.31%の上昇だったそうです。

 あれ?ここに、僕も保持しているVTというETFがあります。世界全体の株式に投資するインデックスのETFです。この年初来リターンはというと、なんと15.34%(ドルベース、円ベースでは8.84%)です。つまり、一番好調だったヘッジファンドグループの倍ぐらいリターンがあります。VTの経費率はわずか0.11%。海外ETFはハードルが高いと思っている人もまもなくインデックスファンドで全世界株式に投資できる楽天全世界株式インデックスファンドが販売されます。経費率はVTより高いですが0.24%程度です。

 一方のヘッジファンドは2%の手数料とリターンの20%というのが標準的なそうですから、それなのにVTの半分しかリターンがないというのは、すごい話です。合理的な投資家なら、コストが20倍以上でリターンが半分のファンドに投資しないでしょうが、資金が流入しているというのは、いかに市場が非合理的な表れという気もします。

 ちなみに、株、債券に分散投資している僕のポートフォリオの年初来リターンは7.07%なので、平均的なヘッジファンドを上回ってます。これだったら、僕が運用会社を作って「夢見るファンド」を売り出し、手数料を1%ぐらいに抑えれば大儲けできる気がしてきました(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR