家計の資産平均1151万円 でも3割はゼロ



 金融広報中央委員会が発表した家計の金融資産の状況は、2人以上世帯で平均1151万円と前回より73万円上昇しました。その一方で、金融資産ゼロの世帯も3割あり、格差が広がっています。中央値も380万円と前回より20万円減っています。単身世帯の平均保有額は942万円ですが、中央値はなんと32万円しかありませんでした。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 金融資産ゼロの家庭は年収1200万円以上でも1割あるのが不思議。まあ、入っただけ使うということでしょうか。こういう人たちがいるから日本経済が回るのでありがたい限りです。一方で、年齢別でみると70歳以上でも3割がゼロ。さらに、単身世帯では金融資産ゼロは46.4%と半数近くに登っており、70代では61%。この人たちは老後貧乏といえそうで、生活保護世帯で一番多いのが高齢者というのも分かります。

 2人以上世帯の金融資産保有の内訳ですが、預貯金が54.1%と全値如利0.8%減ったものの、相変わらず過半数を占める一方、有価証券(債券、株式、投資信託)は18%と、前回比1.9%上昇しました。とはいえ、金融資産を預貯金からリスク資産に振り分けた世帯は6.4%しかおらず、有価証券が増えたのは株高のおかげといえそうです。一方、単身世帯では有価証券の保有率が34.5%と、2人以上世帯の倍に上っています。

 また、2人以上世帯で、金融資産の選択で最も重視しているのは「元本保証」が30.1%ともっと多く、前回より微増しています。さらに、元本割れを起こす可能性があるが、収益性の高いと見込まれる金融商品については、80.8%と大半が、保有したくないと答えており、日本人のリスク回避思考は相変わらずですね。そのくせ老後生活が心配であるは81.5%あるのですから、もう少し、経済面からの人生設計を考えた方がいいのではないでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR