インデックス全盛で日本は悪い企業が残る? ひふみ・ニッセイ師弟対談



 SBI証券の企画でレオスキャピタル・ひふみ投信の藤野英人社長とニッセイアセットの伊藤琢チーフポートフォリオマネージャーの対談に行ってきました。ほかに何人かのブロガーの方も参加し、前半は2人の対談、後半はブロガーからの質問でした。伊藤さんは「げんせん投信」https://gensen-fund.jp/ というアクティブファンドのファンドマネジャーですが、学生時代から藤野さんの教え子だったそうで、キャリア論から投信の話まで盛り上がりました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 明治大学で藤野さんの授業をうけた伊藤さんは、藤野さんの応援もあってアメリカのバークリー音楽院に留学。帰国後、創設されたばかりのレオスに頼み込んで、お茶くみのアルバイトから入って、やがてはアナリストになりました。まさに藤野さんの愛弟子なわけです。

 伊藤さんはお茶くみをしながらも当たりを観察。たとえば、藤野さんへの来客でお茶くみに対しては威張っていても藤野さんにはぺこぺこする人とかがいました。藤野さんと、こういう人が社長の会社は投資対象として良くないという話したそうです。経営指標も大切ですが、こういう定性的な材料に注目するというのも藤野イズムの継承というところでしょうか。

 やがてニッセイアセットという業界大手に入ります。日本の業界大手は失敗を恐れてパッシブみたいなアクティブになってしまったり、販社の力で設定と同時に大量に売り、その後はしぼんでいくファンドというのがままあります。けれども、伊藤さんは藤野さんの流れをくみ、消費者目線にたって長期的な観点から銘柄を厳選することを狙って「げんせん投信」を立ち上げました。藤野さんによると、銀行系、証券系と違って、保険会社系は親会社で投信を販売するわけでないので、比較的自由だそう。ニッセイというとインデックスファンドの低コスト競争の口火をきったイメージもありますが、こういうアクティブファンドも社内ベンチャー的にだしているそうです。アナリストが20人近くいるのも、大手のメリットとか。

 質疑応答で、僕は「インデックスファンドにどうやって勝ちますか」と聞きました。藤野さんはアメリカでは市場が効率的でインデックスファンドは強いが、日本はTOPIXの3分の1は腐った企業であり、インデックスファンドを買うからといって効率的ではないと断言しました。たとえば1万円のお弁当を買って、その手数料が十円、二十円安いといっても、肝心の弁当が腐っていてはしょうがない、と手数料引き下げ競争にも冷ややかです。

 さらに、みながインデックスファンド礼賛になっているから、結果的に悪い会社も残り、日本企業の新陳代謝が起きない。良いアクティブが売れることと、良いインデックス(TOPIX200位以下とか)を作らないと、日本のパッシブそのものも悪くなるとしました。そして、これならパッシブに勝てると自信をみせました。伊藤さんもグローバルは効率的だが日本株はあてはまらない。だからこそアクティブは勝ちやすいと付け加えました。

 ひふみはこれまでパッシブに圧勝していますが、げんせんは昨年6月に設定されたばかりなので、成績がどうなるかはまだこれから。個人的にはげんせん自体はこの日までしらなかったので、運用哲学をどのように消費者に浸透させるのか、他ファンドと違う特色をわかりやすく提示できるかというのも今後の課題に感じました。こういう組み合わせの対談は珍しいので貴重な勉強の機会になりました。関係者の皆さん、お招きいただきありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR