生涯現役なんてぞっとする



 日経スタイルに作家の橘玲さんの「定年はなくなる 生涯現役だけが安心老後の道」という記事が載っていました。  正直、読んでわかりませんでした。「超高齢化社会ではしっかり働いて輝いている老人でないと経済的にも社会的にも大きな格差ができるでしょう」と書かれています。老後資金が足りない人は、定年後も働かなければならないことは分かりますが、社会的格差ってなんでしょう。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 働いていないことを理由に差別されるのは人間は平等あるという憲法に違反します。そうではなくて、「あの人、働いてないんですって」とか近所で陰口をたたかれるということなんでしょうか。でも、よく知らない近所の人が陰口をいっていてもだから何?という感じです。

 そもそも高齢者の賃金は安く、体も知能も若い頃に比べて衰えるわけですからスキルアップもごく一部の人を除いて無理でしょう。大多数の人にとって、生涯現役なんていうのは、美辞麗句ですが、むしろ負の象徴になるような気がします。死ぬ直前まで安い賃金でこき使われるのはまっぴらごめん。先日も雪のなか、高齢者の方が道路警備の仕事をしていましたが、お金があればあんなことをしなくてもいいのでは。

 この手の論説って、作家や評論家など知能も社会的地位がある人が身の回りだけいっていて、大部分の人にとっては能力的にも手が届かない世界を描いている印象を受けます。働いて輝ける人はごく一部。大部分の高齢者は生活のため嫌々仕事をしなければならない。それより、現役のうちに資産を作って、体が動けるうちに、自分の好き勝手に生きられるというほうが、僕としては幸せですね。

 また、現在の低金利では資産運用で暮らすのは難しいと書かれていますけど、橘さんの「臆病者のための億万長者入門」を読みふけった僕からしては、意見が変わったのかと思ってしまいます。若い頃からコツコツお金を貯めれば60歳で1億円は夢でもないし、60歳で1億円あれば、資産運用と年金で、ぜいたくしなければ十分暮らせるのではないでしょうか。

 生涯現役というのならば、仕事の現役でなくて、遊びの現役がいいですね

コメントの投稿

非公開コメント

Re:生涯現役なんてぞっとする

 いつも楽しく読ませていただいております。
橘玲さんの記事、私も読みました。
 以前に出されてた著書を何冊か読みましたが、今後の人生を考えるうえで、たいへん参考になると思っておりました。
 あれだけ若い時から金銭的な事だけでなく、社会的な貯える事の意味を説いておられたのに、『生涯現役だけが老後安心への道』と言われて、「結局一生働けってことか~」と正直がっかりもしました。
 サラリーマンの方と違い、高額の退職金も厚生年金のない、生涯現役が当たり前の自営業者の自分からみると、「そうは問屋が卸さない」ってことなのかな~とも思います。
 近い将来人生100年時代になると言われてますが、ここ50年くらいで平均寿命が倍になっても、働く期間がほぼ同じ40年で済むような社会AIによってなればいいのですが。。

話は変わりますが、世界同時株安と言われてます。。

早朝に日経225、NYダウ連動投信、全部売りました😢

多分反転上昇するでしょう。

Re: Re:生涯現役なんてぞっとする

コメントありがとうございます。

生涯働けというのは橘さんのかつての著書で書かれたこととなんか違うなあという感じでした。
働くことが生きがいになっている人生もありだとおもいますが、そうでなくて家族や趣味、友人
が生きがいでもいいわけで、多様なライフスタイルが尊重される時代では資金さえしっかりあることが
肝要ではないでしょうか。

Re:生涯現役なんてぞっとする(追記)

昨日、日経225とダウ連動投信を全部売りましたと書きましたが、
同時に欲を出して日経インバースETFを、売却した資産の2割程度買ってしまいました。一旦は反転するとは思いますが、あの暴落の仕方を見て心理的にもすぐに正常に戻るとは到底考えられなかったので。。

明日以降どうなることやら。。

Re: Re:生涯現役なんてぞっとする(追記)

僕は相場がどうなるかさっぱり見当がつきませんので
淡々と積み立てとホールドを続けています。

個人的にはご自身の許容リスクの範囲内で納得して
やるなら投資手法は自由なものだと思っていますので、
アラフィフ親父さんのご健闘をお祈りします。


プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR