FC2ブログ

住宅購入で資産運用方針書を大変更

 さて、突然のマイホーム購入で、自分の資産運用のあり方も大きく変わってきます。目的などは変わりませんが、投資方針などは変えたので、資産運用方針書のニューバージョンを書き出してみました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 1.資産運用の目的  定年などで会社をやめたあとも現在の水準と同程度の生活をできるようにするための資金を確保すること。

2.運用目標  1項の目的を達成するために必要な金額として、60歳で1億円の資産を確保すること。今後、インフレ率が上昇した場合には、その分を1億円に上乗せする。

3.投資環境と投資方針  短期間では世界経済は上下に変動するものの、10年、20年単位では年数%程度の成長が続くとみられる。その成果を享受するため、国際分散されたインデックスファンドをコア資産とする。サテライトとして個別株やアクティブファンド、外国債券の購入も認める。ただし、自分の相場観がないことをわきまえ、レバレッジはかけず、周りに流されない。また、投資に時間を割くことがあまりできないため、リスク資産への投資対象は株と債券および投資信託とする。不動産現物や先物、空売りは行わない。

4.目標とするアセットアロケーション  住宅を購入したのでREITとインフレ対抗資産である金は保有しない。先進国株:日本株:新興国株:先進国債券:日本債券:新興国債券の割合を30:15:10:20:10:10。10年おきに、この割合はリスクを上げない方向で見直す。このほか、生活防衛費として、生活費の最低1年分を銀行預金など元本確保型商品で保有する。

5.年間投資額  勤務先の企業型確定拠出年金、NISAを使った積み立て投資をする。加えて、余剰資金があった場合、リバランス資金もしくはサテライト用資金に活用する。

6.資産のチェック  毎月最終営業日の翌日に資産のチェックを行う。また、毎年11月末の資産チェックをもとに、4項のアセットアロケーションがずれていた場合はリバランスする。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR