FC2ブログ

金持ちになりたければ現金を使う



 日本は現金ばかりでカード化、電子化が遅れているなんて話はちょくちょく聞きますが、金融教育のプロによると、子供を金持ちにしたければカードではなく現金主義にしないといけないそうです。といっても日本の話ではありません。アメリカでオバマ政権時代に金融教育諮問委員会メンバーだった、ベス・コブリナーさんの近著「おカネの天才の育て方」に書かれています。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 この本は幼少期から社会人なりたてのころまで段階を追って子供にどんな金銭教育をするべきか書かれています。アメリカではカード破産が問題になっているだけあり、コブリナーさんは少なくとも大学3年まではクレジットカードではなく、現金にするべきだし、社会人になっても、クレジットカードに頼らないことを訴えています。

 まず、高校生までは現金主義を貫くことを訴えています。現金は目に見えるため、お金がどんなものか理解させられる。けれども、カードだとゲーム感覚になるため、お金の付き合い方がわからなくなるとしています。また、個人情報保護の感覚が薄いため、暗証番号などを簡単に友人・知人に教えてしまい、セキュリティー上の問題も高いそう。

 さらに、MITの調査で、同じものに対してクレジットカードは現金の2倍も支払ってしまうことがわかっているそう。これは大人にもいえるのですが、現金が足りなければ買うのをあきらめても、クレジットカードならついつい買ってしまう。そうなれば高い金利を払うことになり、金持ちどころか借金で首が回らなくなります。

 大学生にとってもクレジットカードでおおきな借金を抱えてしまうと、学業に頭が回らなくなります。中には、学資ローンで借りた金をクレジットカードの支払いにあててしあう人すらいるとか。社会人になっても、クレジットカードは毎月全額で返せる分しか使ってはいけないと固く戒めています。

 まあ、ある程度、自分にお金のリテラシーがある大人が、賢く使うのならば問題はないでしょう。でも、リテラシーがある人って、年を取った人でもそんなにいません。僕自身、あまり自信がないので、できるだけ現金を使うようにしています。

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR