FC2ブログ

生活に満足している人は過去最高



 内閣府の世論調査で、「生活に満足」と応えた人は74・7%と2年連続過去最高を更新しました。年齢別にみると満足の割合が高いのは30代以下の若者。逆に低いのは60代でした。興味深いのは70代以上は、60代よりも満足の割合が高いのですね。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 また、自分の生活程度については中流(「中の上」「中の中」「中の下」の合計)と答えた人は実に92.7%に上ります。よく「格差社会の到来」とか、左がかった人が言いますが、個人の意識としては中流が圧倒的に多いというのは昭和のころからまったくかわりません。

 世の中の不祥事を安倍政権のせいにしたり、アベノミクスは大失敗と批判する文化人やマスコミは多いけれど、それだったら「生活に満足」とか「中流」とか答えた人は激減しているわけで、現場に満足している人がこれだけ多いというのは、安倍政権、自民党政権は安泰でしょう。反安倍陣営が「格差」と笛吹けど大多数の国民は踊らないともいえます。実際、安倍政権の支持率は若者と70代以上で高く、60代で低くなっています。それと比例した結果になったといえましょう。

 けれども、こうした状態がいつまでも続くのかというと、少子高齢化、AI、グローバリセージョンといったものが急激に進展していくわけで、個人的には将来は厳しい時代がまっていると思っています。実際、この調査でも日常の悩みや不安でもっとも多いのが「老後の生活設計について」が55.4%で最多になっています。

 老後の生活設計が不安ならば、早い内から対策をとるべきで、国も積立NISAやiDeCoといった制度を提供しているけど、全体からすると利用しているのは少数派にすぎません。漠然と不安があるけれど、対策をとるのは面倒くさいというのが国民のマジョリティーなのかもしれません。備えあれば憂いなしですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

生活に満足している人は多いんですねぇ。
意外でした。
私は全く満足できていないので少数派になりそうです。
とはいえ、自分の生活程度については中の上だと思うので、満足するべきなのかもしれません。
そう考えると、92.7%-74.7%=18.0%の人が何を考えているのか知りたいところです。

Re: No title

コメントありがとうございます。
主観的な答えなので、分をわきまえている人が多いのかもしれません。

僕自身、経済的な生活面は満足しているけど、介護とか家庭環境は不満なので
少数派のほうになりますね

No title

更新お疲れ様です。

「生活に満足」と思っている人が多いのは特に意外とは思いませんでした。
いつのことか忘れましたが、ある実験で「自分は自動車の運転が上手だと思う」とういう質問に対して半数以上が「あてはまる」と答えた実験結果がありました。
それと同じで全国平均の年収以下でも「生活に満足」と答えてる人がかなりの数いるのではないかと推測します。

恐らく全国平均の年収がここ数年下がり続けているという統計を知らない人が多いと思われますが、「気づいたときにはとんでもなく貧しくなっていた」なんてことにならないように有利な節税制度を使って少しでも老後資金を準備したいですね。

Re: No title

コメントありがとうございます。
主観的には問題なくても、客観的に問題が出る場合はあるでしょう。
今後の少子高齢化などの懸念をふまえて、自助努力は必須であるという
僕の考えは変わりありません。税制優遇もあり、投資をするかしないかで
将来は大きく変わると考えなければならない時代だと思います

うーん。

こんにちは
そうかあ。みんな満足なのかあ?
では是枝監督のアベノミクス批判映画の[万引き家族]ってなんなんでしょう?
まったくの架空話?
アベノミクスでみんな満足幸せ家族?
そんな作品がカンヌでパルムドール(最高賞)取るのでしょうか?
マスコミ操作?
長いものには巻かれろ?
俺食えてるからカンケーねえし?
なんだかなあ

Re: うーん。

コメントありがとうございます。
まあ、2割不満ということは世の中では2000万人以上が不満をもっているから、
不幸な話、貧困の話が架空とはいえないでしょうね。
統計について、野党から疑問もでているけど、それはさすがに野党の筋が悪いと思いますが。

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR