FC2ブログ

飲み会の6000円が高いなんて



 AERAに「会費「1人6千円」に絶句… 飲み会で表面化する収入格差」という記事が載っていました。契約社員の女性に会社の送別会の案内が来たのですが、会費が6000円と言われてとてもいけないと断ったところ、「交際費ぐらい貯めときなさい」としかられたというのです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 契約社員の手取りは15万円程度しかなく、6000円の送別会なんてとてもいけない。正規社員には非正規の大変さが分かっていない、というものでした。

 窓際社員の僕ですが、もし職場の送別会が会費6000円と設定されたら、幹事のところにいって、高すぎると訴えるでしょう。自分にとって意義のある飲み会ならともかく、それほどお世話になっていない人の送別会で6000円というのは、自分の感覚では割高です。

 店が変えられないのならば、部長とか課長とか偉い人は多めに出すようにと、職場内の世論を喚起し、契約社員の方の負担が少なくなるようにします。「交際費ぐらい貯めときなさい」なんていっているのならば、「高い給料もらっているのだから、部下や非正規の分を出すぐらいできますよね」とやんわりいって上げます。契約社員という弱い立場上、上司にいいづらいときには、そんなことをいってくれる正社員をたきつけます。さらに、クーポンとか使って、より安くなれないかと。

 そもそも職場の飲み会というのは僕自身、好きではなく、上司や先輩の偉そうな話を何で高いカネを払って聞かなければならないのか。以前、職場の忘年会に出席せざるをえず、しかたがないので若い人とひたすら映画や俳優の話ばかりしていて、上司のことを完全に無視したら、次の年は忘年会の日に仕事をあてられ、出席せずにすみました。こういうこともありなのかもしれません。

 ちなみに、マイナビによると、忘年会に参加したくないひとは4割に上り、職場の飲み会における上司の対応は半分が面倒くさいと感じており「わざわざ並んで乾杯しにいかなければならない」「ずっと同じ自慢話を繰り返してくる」などが理由だそうです。今年も職場の忘年会があり、出席の予定ですが、この年になるとわがままがきくので、趣味の話をしようかと。仕事の話もするかもしれませんが、若い人に昔の自慢話をするような老害にならないようにするつもり。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR