FC2ブログ

赤ちゃんも参加 金投資セミナー

 パンローリングの投資戦略フェア2013が16日、東京ドームシティプリズンホールで開かれました。パンローリングは投資本の出版社でグレアムの「賢明なる投資家」、星野泰平さんの「積立投資のすべて」など長期投資家にもおなじみの書籍も出版していますが、メインはテクニカルやFXなど。フェアもそちらが中心で、日本取引所グループですらFXのセミナーをしていました。

 そのなかで、金のアナリストとして有名な、豊島逸夫さんと池水雄一さんの「世界情勢がわかるゴールドの行方」という対談を聴講しました。じつはこのあとにも別の講演を聞こうと思っていたのですが、なんと日経のセミナーの抽選にあたってしまい、そちらに転戦するため、金セミナーだけの受講です。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ



 円安もあり、円建てでは金の価格が歴史的に高いためもあって、300人近い聴衆が集まりました。驚いたのは赤ちゃん連れの夫婦がいたこと。投資セミナーにはたくさん出ていますが、赤ちゃん連れというのは初めて見ました。赤ちゃんが大人になる頃を考えると、今のうちに投資を考えなければというのは私も同意見ですが、さすがに1時間も赤ちゃんを退屈させずに講演を聴かせるというのは無理というもので、おとなしい赤ちゃんでしたが、時々、「バブー」とか声が響いてなごみました。よく、靴磨きの少年まで投資の話をするようになったら、相場のピークだといいますが、まさか赤ちゃんまで投資セミナーまでくるなんて、相場のピークを告げているのでしょうか。

 さて、豊島さん、池水さん、それに司会のフリーアナウンサーの大橋ひろこさんは毎年このセミナーで講座をもっているそうで、息がぴったり。タイトルとおり、国際情勢への分析もあり、非常に参考になるセミナーでした。

 アベノミクスで株、不動産などのリスク資産に人気が出ていますが、豊島さんは、アベノミクスが失敗する可能性は(1)デフレに戻る(2)想定以上のインフレになる、の2通りがあり、どちらにせよヘッジとして、資産の10~20%程度、貴金属を持つというのはあり、との見方。ドル建てで見た場合、短期、中期では金価格は今の段階より下がる可能性があるが、中国、インドなどの金需要がすさまじく、長期的に見れば、金はまだまだ上がると分析していました。

 短期の相場が厳しいのは、ETFが膨れ上がってしまって調整が必要で、中期は、そろそろ米国でQE3の出口論が出ており、ドル高=ドルが強くなると代替資産の金の魅力が薄まるためだそうですが、中国の実情などきくとすさまじい。3年前から銀行で金が買えるようになり、チベットの銀行にも市民が金を買いにいっているとか。日本では金を売りに市民が貴金属店に並んでいますが、それはみんな中国に輸出され、日本は金をほとんど算出しないのに、100トンも輸出したそうです。すでに中印で年間生産量の6割の金を購入しており、両国の経済発展が続き豊かになると、さらに金の需要が増えるとの分析です。

 池水さんはチャート的にいって、金はそろそろ底値に近づいており、現在は1オンス=1590ドルぐらいですが、1550ドルを割れば買い場との見方。また、プラチナも今後上昇しそうと話されていました。

 豊島さんによると、財務省や日銀のOBが退職金で金を購入するケースが増えており、グリーンスパン前FRB議長も講演の謝礼を金で要求したとか。円もドルも政府の財政赤字で、長期的にみて通貨への不安があり、経済の専門家でも金へのシフトが進んでいるそうです。

 私は現在ポートフォリオの3%を金にしていますが、もし、株価の暴落が起きたら、債券や貴金属クラスの比率を引き上げる必要があるのかな、と思いました。このほか、金にまつわる歴史的な秘話なども紹介され、面白いセミナーでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR