FC2ブログ

株価は下がるよどこまでも



 株価の予想はしないし、あてにならないと思っているのですが、龍谷大の竹中正治教授が現代ビジネスで1ドル90円、日経平均1万5000円割れが見えてきたと予測しています。根拠もなかなかしっかりしているので、最近の株価でオタオタしている人はまだまだ甘く、ここから2~3割下がることを覚悟したほうがいいかもしれません。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 竹中教授の論拠は現代ビジネスを読んでいただきたいのですが、一番の理由は米国の景気後退が来年か再来年に起きると予測していること。過去の米国の景気後退時をみると、日経平均は1万5000円を切るぐらい、米国株も高値より3割程度下落とありますので、為替が2割円高になることを勘案すると、日本人投資家が円建てで買った場合は高値の半分ぐらいになるかもしれません。

 もちろん景気は循環するものですから、その後何年すれば、今と同じ水準にまで戻る可能性は十分ありえます。だから、この予測を信じるのなら今のうちにキャッシュフローを増やしておき、いまよりさらに下がったときに買い増せばいいでしょう。逆に直近で買い増しすると、「落ちるナイフをつかむ」とばかり、さらに下落で傷を広げるかもしれません。いずれにせよ、長期で経済が成長すると信じる長期投資家になるならば、まずは予想以上に長い期間下がっても平気なだけの精神力をつける必要があるのではないでしょうか。

 ただ、僕の場合、こうした文章には説得力があると思うものの、どんな人も予測できないと思っているので、今が底かもしれないし、10年低迷続けるかもしれないしわかりません。いずれにせよ、淡々と積立をつづけ、年に1度の決まったときか、株価が大きく下がってリバランスが必要になったときに、追加投資をしようと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR