FC2ブログ

コツコツインデックス投資家にスポット投資は必要ないのか



 株価下落のタイミングで、スポット投資を何度かしていますし、今後もやるつもりです。でもツイッターをみていると、コツコツインデックス投資家はタイミング投資をする必要がないという意見がちらほらでていました。ほったらかしが魅力でタイミングなど分かるわけないからというのです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


あくまでも僕にとってはということですが、タイミング投資をする理由はいくつかあります。まず、資産がそれなりにたまっているということが大きい。長期で見ると、一括投資のほうが機会損失がない分、分散投資よりいいといわれます。でも、あまりに割高の時、例えば日経平均が4万円近い時に一括投資をすれば、未だに赤字なままです。確率論はともかく、人生は1回しかないのだから、できるだけ多額の資金を高値つかみするのは避けたい。

 一方で、ドルコスト法は資産が少ないうちは買い付け額が平準化する可能性もありますが、すでに資産があるのに毎月の積立額が少ない場合は、価格の影響をそれほど受けないと思っています。それを考えると、ある程度余裕資金をもって、タイミング投資と併用するのは効果的だと思います。

 また、日経平均のようなインデックスでみている場合、PER10倍、PBR1倍というのは、スポット投資してもいい安さだと判断しています。PERは企業利益によって変わってきますが、それでも15倍前後が目安で今すぐ大不況がくるとは思えない。PBRにいたっては1倍というのは会社を解散しても同じということです。いずれも不振な会社だったらありえるけど、日本中の大企業がそうなっているというのは、バーゲン価格だと思っています。

 そして、最大の理由は、リバランスとしてスポット投資をしているわけです。目標とするアセットアロケーションから乖離した場合、多くなった資産を売って少なくなった資産を買う方法では税金がかかってしまいます。そこで、保有比率が少なくなる=株価が低迷したアセットを追加購入しているわけです。従って、一部で言われているように、日経平均が16000円とかになれば、さらに日本株クラスを買い増やす予定です。

 ちなみに前回のブログでジュニアNISAを買い付けた報告をしましたが、投信だと購入からラグがあるので、大きくプラスになってからの購入になってしました。頭としっぽはくれてやれ、と負け惜しみを言っておきます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR