FC2ブログ

薔薇マーク・キャンペーン



 今年になりいよいよ消費増税が現実的になる一方、緊縮を叫ぶ声が財務省とその手先ともいえるマスコミや学識経験者の間で強まってきました。このまま安倍首相も緊縮路線に走りそうですが、野党も基本的には反緊縮の政治家がほとんどで、今年の参院選でどこに投票するのか悩ましいところです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 そんなおり、リベラル系の経済学者で反緊縮を訴える松尾匡立命館大教授らが中心となり、「薔薇マーク・キャンペーン」というのが始まります。どういうものかというと、「99%の人々の生活を底上げする反緊縮の経済政策を掲げるよう、立候補予定者に呼びかけます。そして、これに合致した経済政策を掲げた立候補予定者を、政党を問わず薔薇マークに認定し、生活の改善、生活不安の解消を切望する多くの人々の投票の参考にしてもらおうと思います」という政治キャンペーンです。

 イギリス労働党のコービン党首、アメリカ民主党のサンダース上院議員ら、欧米の左派は反緊縮、金融緩和、増税は富裕層からという姿勢を明確にしています。しかし、日本の左派は「あべがー」「あべのせいだー」と文句をいうだけで、こうした真っ当な経済政策を出す政治家はほとんど見当たりませんでした。

 呼びかけ人をみると、北田暁大東大教授、稲葉振一郎明治学院大教授、ブレイディみかこさんといった、僕が信用している学識経験者が並んでいますし、森永卓郎さんも入っているので、経済以外の「アベガー」という人たちとは一線を画している様子です。

 サイトの文面だと、政党を問わずなので与党の候補者にも薔薇マークを与えるのかもしれませんが、実際には与党で消費増税反対、富裕層の課税強化を訴える候補者はいないでしょう。薔薇マークに該当する政治家がどれだけいるのか、今後もこの活動を注目していきます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR