FC2ブログ

大賑わいのネットで投信フォーラム

 ネット証券4社が主催する「ネットで投信フォーラム」が20日、東京の国技館で開かれ、4600人が参加しました。私も行きましたが、三階席まで人が入っており、熱気ムンムンです。NHKでちょっととんちんかんな報道をされたため、投資のプロ、セミプロクラスの方からは失笑も出ていますが、私にとっては非常に有意義なイベントでした。

 冒頭、ネット証券4社の社長あいさつから始まりますが、なでしこ社員と称する女性社員の先導で各社長が登場するというバブリーなもの。しかも、社長あいさつのあとは観客も全員立ち上がらせ、儲かるために「エイエイオー」と会場そろって拳を振り上げさせられるというなんともかんとも、企画した広告代理店の頭の中を見てみたいです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ



そのなでしこ社員の一人、マネックス証券の女性社員がブースでどら焼きを配っていますといったのでのこのこいったら、この美人社員手ずからどら焼きをもらい、たいそう満足したのでした。実はこの日は私の誕生日であり、唯一もらったプレゼントなんですよね。ありがたくいただきました。この日最大の成果です。

 さて、フォーラム最初の基調講演は東大の伊藤元重教授。これからは従来のデフレ経済と違った経済になると予想。「現状は上場企業の4割が無借金、金融資産が可処分所得の4倍になるほど貯金を溜め込むなど、個人も企業もリスクを取りたがらなかった、しかし、安倍政権が政策の力でデフレ社会が変わる可能性が出てきた」と安倍氏の政策を評価しています。そして、アベノミクスのAAA、安倍=金融緩和、麻生=積極財政、甘利=経済産業通の成長戦略とうまく分担でき、参院選で自民が勝てば3年は国政選挙がないため、思い切った改革ができるのではないかと期待を寄せました。

 昼からはSBIの植村佳延氏、カブドットコムの臼田啄美氏、マネックスの広木隆氏、楽天の山崎元氏と人気の専門家のパネルディスカッションが行われました。年末の株価予想は4人とも強気で一番高い臼田氏は18000円と予想。今は期待感や円安で上げているが、年後半に実際の景気がプラスになれば上がるという見方で一致していました。今後注目の地域について、植村、臼田氏がASEANN、広木、山崎氏が米国と二分。国内については成長戦略のテーマや金融、不動産などインフレに強いジャンルを上げていました。

 また、ISAについては、植村氏が国際分散投資の積立、臼田氏がいろんな商品が出るから自分の投資であてはまるもの、広木氏は思いきりリターンが期待できるもの、山崎氏はハイリターン、広い分散、低コスト・低分配としてSMT、eMAXISなどのインデックスファンドも候補に上げていました。最後に各人が一言ずつ述べましたが、臼田氏が「失敗したときにどうするかを準備したうえで楽観的に行動し、思惑が外れたらすぐ逃げること」としていたのが印象的です。

 その後、会場を抜け出して、安田庭園を散策したり、1000円の床屋で髪を切ったり、昼飯にそばを食べたりして時間をつぶし、3時45分から三菱UFJ投信のプレゼンにでましたが、これが拾い物。後藤社長と竹川美奈子氏、神戸孝両氏の対談だったのです。これが30分というのは非常にもったいない(ちょっと押していましたが)。竹川氏はコツコツ投資家が集まるコツコツ投資の夕べもPRしていました(笑)。神戸氏が年配層、竹川氏が現役世代にふさわしいモデルポートフォリオを上げていましたが、割愛。同社がやっているeMAXISダービーについて、神戸氏が「架空の取引で失うものがないなら、リターンをあてにいくものが勝つが、このコンテストはリスクの重要性も感じてもらうことで素晴しい。運用がうまいというのはいかに損しないこと、ということをわかってもらえる」と絶賛していました。

 イベントのトリは竹中平蔵氏の講演。この人はしゃべりが本当にうまく、煽られますね。竹中氏は「今の日本を鳥の目で俯瞰してみよう」と呼びかけます。先般訪れたダボス会議で、安倍首相が世界のリーダーとテレビ会議をしたという秘話を紹介しながら、ダボスではユーロ危機の最悪の状況を脱して雰囲気が明るくなる中、日本についてもアベノミクスに高い評価があった、と紹介しました。そして、人口減少がデフレになるという説を、ロシアなど他国でいくらでも反例があるとして、バッサリ切り捨て、06年のデフレ脱却のチャンスに日銀が金融引き締めをしたことが、最大の原因としました。

 アベノミクスの3本の矢について、黒田総裁ら日銀人事を絶賛したあと、財政出動についても需要不足を埋めるために必要と指摘。ただし、中期的には財政再建が正しいので、歳出削減と増税を組み合わせて行うべきで、政府内でも参院選後に先送りすべきだという意見もあるが、国民は理解してくれるだろうから、6月には大まかに財政再建策を示すだろうとの見通しを示しました。

 成長戦略は、小泉時代に成長戦略は作らなかったが、その後7年で7回作りいずれも失敗しているとしたうえで、規制緩和が全然足りないと訴えました。世界銀行のランキングでは日本の規制の多さは世界47位で、小泉時代の28位から大幅に落ちているそうです。また、貿易赤字についても、原発がとまってエネルギーを輸入している分はごくわずかであり、あとは輸出が減っているからと話し、規制緩和を推し進めなければダメだと強調しました。一つ面白い案はサマータイムで2時間はやめることで、こうすればNY市場がしまってすぐ東京市場があくので、市場が活性化できるといいました。そして、安倍内閣はスタートダッシュはいいものの起承転結の承以降がどうなるかわからない。その承にあたるのは成長戦略だそうです。政権中枢にいる竹中氏ならではの講演は、マスコミにも流れない話があり、これだけでいった甲斐がありました。

 それにしても、参加者は昨年より43%も増えたとか。NHK,日経を始めマスコミでも大きく取り上げていたし、まさにブーム真っ盛りですね。そろそろピークなのか、それとも、いずれバブルが弾けるにせよ、まだまだ続くのか、コアの部分は景気に関係なく積みたて、サテライトの部分は臼田さんの話のようにすぐに逃げ出せるように気をつけていこうとおもいます。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ネットで投信フォーラム

ネットで投信フォーラムに行ってきました。午前中だけ。 伊藤元重先生の講演と、ドイチェ証券の講演を聴いただけで帰ってきました。 例年通り、マネックスどら焼きをもらいまし

コメントの投稿

非公開コメント

No title

途中で帰ってしまったので、聞けなかったところの詳細がよく分かりました。ありがとうございました。やはり、竹中さんの講演は聴くべきだったと、残念に思っております。

Re: No title

コメントありがとうございます。主催者のホームページをみても、伊藤、竹中両氏の講演は
動画が上がっていないんですよね。拙いレポートですがお役に立てれば幸いです。

> 途中で帰ってしまったので、聞けなかったところの詳細がよく分かりました。ありがとうございました。やはり、竹中さんの講演は聴くべきだったと、残念に思っております。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR