FC2ブログ

マイホームは投資なんて信じられない



 資産運用業界でよくいわれるのはマイホームは投資であるということ。自分で自分に家賃を払っているとして利回りを想定して、資産価値が下がらないことが重要だといわれます。でも、個人的にはそれを疑っています。僕の場合、マイホームを大型消費財と考えているからです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 かつて、住宅双六みたいなことがいわれて、賃貸・社宅→マンション購入→売却後一戸建て購入、という流れが当然視されていました。購入したものを売却して次のステップにすすむのならば、当然、利回りや資産価値が重要となります。

 最近では相続も問題になっています。だれも引き取り手のないような物件でも現状は所有権の放棄ができません。従って、次の世代に負債となるような負動産にならないよう、資産価値が大切だというわけです。

 けれども、僕自身は違います。去年、49歳にして30年フルローンで中古マンションを購入しましたが、ここを終のすみかにするつもりです。売却するつもりがないから、資産価値が下がるほうが、固定資産税や相続税が安くなって、むしろうれしい。

 また、ローンを組んでいるとはいえ、ローンの残りは僕の資産からすると3割にもなりません。だから、マンションの資産価値が下がっても、僕の資産全体にはそれほど大きな影響はなく、老後資金に困るということも考えにくいです。

 さらに、現在は土地を放棄するシステムがないですが、国は今月、所有権放棄制度導入の検討を始めました。来年には結論がでる見込みですが、もし所有権が放棄できるようになれば、負動産は子孫にさっさと放棄してもらえばいい。こういう状況からすると、やはりマイホームを投資ではなく消費財と考えてもOKだと思います。

 もちろん、将来的にマイホームを売却したい人ならば、投資になるかもしれません。僕自身も将来老人ホームにいくために売却する必要がでるかもしれません。でも、自動車とか家電とかも老人ホームに入るならいらなくなるし、やっぱり僕にとってマイホームは大型消費財としか思えないのです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

色々なブログを見て回っていますが、ようやく同じ考えの人に出会いました。
人生において住居費というものは必ずかかる=
費用だと私は考えていたので、自らが住むマンションや戸建てを投資と考えることはどうしても違和感しかなかったのです。

もちろん、住みやすさなどを求めていけば投資と考える人が良いと思う物件と大まかにはイコールの物件を求めることにはなると思いますし、自分に貸したと考えても収益=費用となっているので実質は変わらないのでしょうけどね。

Re: No title

コメントありがとうございます。

何が投資で何が消費財か、自分の判断で決めていいと思ってます。
住宅を売却して利益を上げる必要がないと判断したなら、それでいいのではないでしょうか。

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR