FC2ブログ

40代の貯金4割減 何が起きているのか



 SMBCコンシューマーファイナンスの調査によると、40代の平均貯蓄額は昨年調査の316万円が、今年は196万円と、わずか1年で4割近くも減少しました。サンプルは1000ですがネット調査でもあり、貯蓄の定義もかかれていないためどこまで信頼できるかはありますが、戦後最長の景気といっているわりには、多くの現役世代の生活は苦しいことがうかがえます。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 年代別でみると、30代は194万円、40代196万円とほとんど貯金額がかわらず、10年間で2万円しか資産が増えていません。子育てや住宅購入などでお金がとぶのに給料は上がらないし、就職氷河期世代で非正規のままの人も多いでしょうし。

 また、貯金0の世帯は30代、40代あわせて23.1%に上り、前年より6ポイントも増えました。この手の調査ですと、金融広報中央委員会が長年調査してきましたが、昨年いきなり調査手法を変え、金融商品がまったくない世帯は1.6%という数字を出して仰天させてくれました。それよりは現役世代の4分の1が貯金ゼロというほうが、まだ僕の実感に近いようです。

 こんななかで消費増税なんて、およそまともだとは思えないのですが、野党もいつまでもモリカケとか、アベニクシーでわけのわからないことをいっておらずに、消費税の引き下げをはじめとする、貧困対策をしっかり行い、再び中間層を分厚くすることを目指せばいいのに、そういう発想はないみたいですから、結局、消費増税され、ますます普通の人は貧しくなるのではと懸念しています。

 面白かったのは、リタイアするまでにいくらあれば安心かという調査。もっとも多かったのは「500万円超~1千万円以下」でした。ただし、1億円以上との回答もあったため、平均は5214万円でしたけど、案外、お金がなくても生活はできるものかもしれませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR