FC2ブログ

ニッセイ・げんせんトークラウンジに参加した



 ニッセイアセットマネジメントが主催する「第1回げんせんトークラウンジ」に参加しました。同社のアクティブファンド「げんせん投信」の伊藤琢チーフポートフォリオマネジャーを講師に、げんせん投信のPRをするセミナーです。実は、直販以外の運用会社が一般向けにこうしたセミナーをするのは珍しく、ニッセイでも初めての試みだそうです。個人的に、運用会社と一般の投資家を結びつけようとするこうした試みは応援します。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 第1回ということで参加者は10数人。資料をみて好印象だったのは、めくってすぐのところに、ニッセイアセットの担当社員9人の顔写真入りの自己紹介があったこと。さらに、癒し担当のネコ、モアナもいることです。農作物の産直なんかもそうですが、顔がみえることが大事であり、ファンドマネジャーだけでなく、チーム全員を紹介するというのはニッセイアセットの心意気を感じます。終了後のアンケートに書き忘れたのですが、せっかく癒し担当のネコのモアナちゃんがいるので、第2回のトークラウンジにはぜひ参加してもらいたいということ。本人(ネコ)の都合がつかなければ、会場に写真を貼っておくだけでも良いので、お願いします。

 さて、「げんせん投信」については、昨年1月に「インデックス全盛で日本は悪い企業が残る? ひふみ・ニッセイ師弟対談」 という記事をアップしています。伊藤さんはひふみ投信の藤野社長の弟子であり、レオスキャピタルワークス出身の人。それだけ、アクティブファンドに対する思いも熱かったです。

 伊藤さんによると、げんせん投信は長期的な企業の収益力を決める「源泉」は「見えない資産」と考えているそう。げんせんというと「厳選」を想起しますが、「源泉」の意味も強いですです。その見えない資産とは、企業理念・文化など組織全体の力、従業員の力、顧客からの支持の3分野をそれぞれ「ワクワク」「イキイキ」「ニコニコ」と名付けました。企業やトップにヒヤリングする際、定量的な視点だけでなく、ワクワク度、イキイキ度なども重視しているとのこと。

 その3点に社長の評価もつけた4つの尺度、10項目でスコアをつけており、ダイヤグラムのようで一覧できるようにしています。そして、ニッセイアセットのアナリストや伊藤さんがカバーしている700社程度の企業から上位、40~50社を選んで投資しています。インデックスファンドが盛り上がっているなか、あえて、こうしたアクティブに特化している意気は個人的には好きです。

 また、特徴的なのは下がり相場になったらTOPIX先物の売り立てをできる設定になっているとのこと。そのため、フルインベストメントではなく、現金を保有しているそうです。また、信託報酬も0.999%と1%を切っています。これは将来的に積み立てNISAの大賞になることを目標としているそう。受益者目線という意味では納得ができます。

 さて、突っ込みが入りそうなのが昨年のリターンです。2018年はマイナス17.7%でTOPIX配当込みのマイナス16%を下回りました。ただし、設定来では年率13.4%とTOPIXの7.4%に圧勝しています。昨年はショートカバーもしなかったそう。伊藤さんは「投資家人生として一番厳しかった」と反省しています。

 個人的には昨年の反省をもとに、よりよいパフォーマンスをしてくれればいいのだけど、未来のことばかりはわかりません。でも、せっかくセミナーで伊藤さんが率直にいろいろ話してくれて、ファンになったこともあり、10万円ほど購入しました。

 ニッセイでは4月17日にも第二回のトークラウンジを開くそうです。興味がある方は、 ニッセイアセットのげんせん投信のサイトをご覧になってはいかがでしょうか。

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR