FC2ブログ

ふるさと納税の酒が届いた



 ふるさと納税をした大阪府・泉佐野市からストロング酎ハイ2ケースが届きました。泉佐野市はふるさと納税をめぐって総務省と対立したあげく、ふるさと納税の対象地域から外されることになります。制度に抜け穴があるのだったら、それに対処すればいいのに、独自の工夫をした地方自治体にペナルティを与えるとは、地方自治をないがしろにした総務省の大失策だと思います。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 ともあれ、さよならイベントでふるさと納税を申し込んだことは以前、ブログにも書きました。その第一弾としての2ケース。段ボールは重くて運ぶだけでぎっくりごしになりそうでした。

 実は僕は酒があまり強くなく、外で飲むのはせいぜい月2、3回。家のみも週1、2回しかありません。しかも、家のみは1回缶チューハイ1本かビール1本で満足してます。今後、泉佐野市のふるさと納税でビール2ケースが届くほか、アサヒグループホールディングスの株主優待でもビールが4本届いているので、全部で50本ものアルコールが手元に届き、これは今年いっぱいもつだろう、家のみ代はただだとうれしく思っています。

 失われた泉佐野市のふるさと納税を惜しむとともに、アサヒビールの健闘を祈りつつ、今夜も1本、酒をあけるつもりです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

勝手な印象ですが、総務省はマスコミ報道に流されて対応したと思いました。
私が最初に見た報道(特集だったか)はWBS(テレ東)でした。
個人的には自治体も個人も国の税金(赤字)の観点からもいい制度と思っていたので、正直何でケチつけるのかなと…。
本来の趣旨とか高額返礼品とか、まぁわかりますが、高額寄付者は返礼品も高額になってズルいみたいな批判はおかしな批判だと思いました。
それで少額寄付者が損する訳でもないのに。

人が何かしら儲かるのが許せんという羨み心?はある事もあるけど、それを言ったら世の中全てがズルい事に。
制度を批評する観点が??でしたが、差とか金持ち優遇を持ち出され総務省が報道に流された感じがします。

アサヒのビール、特別感があっていいですね!
すでに冷えた飲み物を欲する気候。一日の疲れを癒して下さいね。

Re: No title

コメントありがとうございます。
地方自治の本来の趣旨からいえば、工夫した自治体が褒められるはずなのにおかしいです。
でも、いまさらどうしようもないことなので、アルコールを飲んでまぎれています(笑)
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR