FC2ブログ

かんぽ生命が不適切販売の疑い もう金融機関は信じられない



 産経新聞によると、かんぽ生命が昨年11月だけで5800件もの不適切販売の疑いがある契約をしていたそうです。同月の乗り換え契約の3割近くにあたるというのだから開いた口がふさがりません。 さらに、5年間で万8900件に上る調査結果が明らかになりました。証券会社や民間の銀行、生命保険会社にうさんくささがあっても、20世紀のころは国有化していて信頼度が違う郵便局のかんぽ保険ですら、信じられないというわけですね。 

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 最初の産経の記事によると、5800件は、同種類の保険の解約と新契約を行うなど「外形的にみて、乗り換えによる経済合理性が乏しい」というもの。「同種類の保険を一度解約して再契約すると、受け取れる保険金額が乗り換え前と同額なのに、契約時の年齢が上がって支払う保険料が高くなりやすい」そうです。

 郵政民営化によりかんぽ生命も他の金融機関同様、ノルマが厳しくなったのでしょう。そのため、こうした利用者を無視した契約が推し進められているわけです。にもかかわらず、かんぽ生命では「契約時に新旧の契約内容の比較を示すなどの対応をしている」として、法令違反ではないとしています。

 僕も10年ぐらい前まではかんぽと契約していました。貯蓄より高利率だったからです。しかし、低金利時代になり、本格的な資産運用を考えたことから2011年にすべて解約しています。かんぽ生命の商品のすべてが悪いということはないでしょうけど、金融機関に勧められるままでなく、自分で吟味することが重要だということですね。くわばらくわばら

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR