FC2ブログ

好きな武将は変態ドケチ男



 ここ何年か戦国ブームがいわれています。僕は文学部日本史学科というところを卒業しており、信長の野望は初代から愛用しているほど、戦国時代は好きです。といってもものすごいマニアというわけではないのですけど、それでも、暇があると自分が戦国時代にタイムスリップして大活躍する妄想をしています。そんな僕の一押しの武将は、マイナーな武将ですが投資家にふさわしい、変態ドケチ男の岡左内(定俊)です。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 信長の野望にもPKにしかでてこないマイナーな武将ですが、岡はある変態ぶりが一部マニアを引きつけています。ドケチで有名な彼の趣味は、なんと部屋中に金銭を敷き詰めて、その上で裸で昼寝することでした。当時よりも経済が発達した現在でもこんな変人はまずいないでしょう。それが、血で血を洗う戦国時代なのですから、同時代はもとより、江戸時代になっても彼のことは語り継がれています。

 若狭(現福井県)の土豪の家に生まれた彼は信長の侵攻とともに浪人になり、50石とも150石ともいわれる小録で蒲生氏郷に使えます。しかし、他の侍が飲む打つ買うと無駄遣いをするなか、岡は倹約に努めます。同僚から笑われましたが、いざ、戦が始まると小身とは思えない豪勢な武具をそろえて手柄を上げ、氏郷の目にとまります。その後、とんとん拍子に出世しました。単に倹約だけでなく、利殖も行っていたこともあり、出世とともに財産はどんどんふくらみます。氏郷自身、織田信長の娘婿で所領の近江(滋賀県)の経済発展に努めたことでしられていますから、経済感覚を持ち、武勇にすぐれた配下に目を掛けたのでしょう。蒲生家は会津(福島県)に転封されますが、岡は晩年、猪苗代城代を勤めるまでに至ります。



 江戸中期の名作短編集、「雨月物語」には岡を主人公にした「貧富論」という短編があります。そこで岡は「良い剣であっても千人の敵にはかなわない。だが、金の徳は天下の人々をも従わせる。必ず蓄えておくべきだ」と主張しております。周囲からひんしゅくを買っていましたが、蒲生家がお家騒動で転封になると、会津の領主となった上杉家に仕えています。そして、関ヶ原の戦いを前に上杉家が徳川家康に対抗して挙兵しますが、そのときに資金難に苦しむ主君や同僚に自分の財産の大半を渡しています。

 このとき、岡は上杉領に攻め込んできた伊達政宗と一騎打ちをして、さんざんに打ち破ります。このときに首級を上げていれば、歴史に名を残したのでしょうけど、伊達政宗が粗末な武具だったため、まさか政宗と思わず、深追いせずに見逃しています。岡自身、普段は質素でも戦場では派手な格好をしていたので、政宗のような発想がなかったのかもしれません。

 上杉家は敗戦により、大幅に領地を減らされてしまいます。しかし、岡は借用書をみな焼き捨てて、借金をちゃらにしました。そして、再び会津を収めた蒲生家に仕えますが、キリスト教信者となり、教会や貧しい人のために財産のほとんどを寄付してしまいました。

 「貧富論」では、普段は倹約して、いざというときにお金を使う岡のもとに、黄金の精霊が現れて問答するという筋書きになっています。ここの問答が実に数百年たった現代でも通用する立派なものです。例えば「富める者は心が汚く愚かであるとの批判があるが、それは一部の人でしかない。富める人は、天の時をはかり、地の利を察っして、自ずから富貴を得たのだ。それを卑劣だという学者こそ思慮が足りない」と黄金の精霊はいいます。

 現代でも、金儲けが悪いことだとか、金持ちは悪人という印象は結構強い。けれども、そうした人は一部なわけです。しかし、メディアや学識経験者を名乗る人は、今回の2000万円騒動をみるように、金儲けが悪いという印象を与えるているわけですね。こうした興味深く、現代にも通じる問答が続きます。短編ですし、現代語訳もネットで読めるので、興味がある人はぜひどうぞ。もちろん黄金の精霊は事実ではないでしょうが、こういう物語の主人公になる岡左内はなんと魅力的なんでしょうね。

 さて、岡は現代にも通じる不思議な縁を残しています。岡が出世したのを頼り、弟の重政も蒲生家に仕えます。兄と違って変態でなかったため、重政は蒲生家の家老にまで出世し、なんと石田三成の娘と結婚します。しかし、関ヶ原のあと、蒲生家当主の母で、徳川家康の娘の振姫と対立、家康の命令で切腹しています。やはり石田三成の縁者というのがマイナスだったのでしょうか。

 ところが重政の孫娘は春日局を頼り、徳川家光の側室(自証院)になります。そして、家光との間にできた娘は尾張徳川家夫人となります。その長男の子孫には昭和天皇が、次男の子孫からは幕末の会津藩主、松平容保が出ています。つまり、岡左内のおかげで、現在の皇室には徳川家と石田家の血が入るのです。こういうトリビアもまたマニア心をくすぐらせるのですよね

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR