FC2ブログ

犯罪に巻き込まれる? 金融機関は恐いイメージ



 週刊新潮に「『野村証券』現役社員も複数関与のサギ事件 “財産、退職金、7300万円騙し取られた”」との記事が掲載されていました。野村證券のサイトに、元社員の実名を上げて、投資詐欺の疑いがあるとの文書がでています。ところが、新潮の記事では「複数の現役社員が係わっているのが明らか」との証言が載っています。 

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 現役社員が犯罪に関与しているかどうか僕には分からないし、野村證券も警察に相談しているそうですから、捜査の結果を見守るしか有りません。大部分の金融機関の人は真っ当な人なのでしょう。しかし、野村證券の口座保有者としては、万が一でも事件に巻き込まれるのはいやですし、自分ならまだ警戒できても、年取った親はどうしようと心配してしまいます。

 他の金融機関も同様です。「京葉銀行員が2億円超着服」 「三菱UFJ信託銀の行員逮捕=顧客預金950万円詐取容疑」 「顧客の預金約4千万円着服容疑、中国銀行」 などなど枚挙にいとまがありません。

 これは最近だけかと思いきや、かつては使い込みがばれそうになった大手銀行員が、顧客の老夫婦を殺害するというとんでもない事件が起きています。しかも、銀行が遺族に高額な金銭を支払ったことで、犯人は死刑にならずにすんでいるとのこと。 

 ごくわずかな確率でも犯罪に巻き込まれるとなると、どうしても対面の金融機関には恐いイメージを持ってしまいます。友人で大手金融機関勤めの人間は何人もいますが、それでも、できるだけ対面ではなく、ネットで済ませたい、と臆病な僕などは思ってしまいます。

 でも、先日、野村證券の女性から、担当が変わったから一度ご挨拶を、との電話を受けました。そうなるとほいほいついていきたくなる。自分の意志の弱さが情けない(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR