FC2ブログ

シニアはやはり医療費がかかる



 年金2000万円問題で、老後貧乏、老後破産の話題が改めて注目されましたが、実際シニア世代の家計を調査すると、保健医療費がやはりかかっていることが第一生命経済研究所のまとめでわかりました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 6月に公表された国の家計調査年報を分析したところ、世帯主が65歳以上で2人以上の高齢者世帯は、月平均の支出額は25万550円で、全体平均の28万7315円よりも10%以上低くなっています。さらに世帯主が70歳以上世帯では23万7034円で2割近く少ないのです。

 ところが費目別で見ると、高齢者世帯は保健医療費への支出が多く、世帯主が60代では11%、70歳以上の世帯では14%も全体平均より多くなっています。額にすると70歳以上では月額2000円も多くなり、もしこれが平均並みだとすると、世帯支出は21万3000円程度まで抑えることができます。

 もちろん、平均額の調査であり、個人差があります。それでも全般的な傾向はみえるわけで、自分の年金がいくら支給されるかというのは、日本年金機構のサイトでシミュレーションできます。それで、だいたい足りるか足りないかの見当がつきます。

 さらに、高齢者世帯の特徴は医療費なわけですから、普段から健康に気をつけておくことが重要です。若いうちから暴飲暴食や不規則な生活をしないようにしたり、逆に倹約しすぎて栄養が偏りすぎないよう、未病の発想が、これからの老後には必要ではないでしょうか。もし資金が足りなくて働きに出る場合も健康が何よりも重要です。高齢者には健康が何よりも資産になるといえましょう。 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR