FC2ブログ

マジ!? 若者の命が世界最大のETFの運命を握る



 一瞬ラノベかと思ったような話がブルームバーグに乗っていました。世界最大のETFで、僕も所有している「SPDR S&P500」(SPY)が、なんと若者の命によって、その運命が決まるというのです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 SPYは残高26兆円を超え、東証にも上場されています。一日の取引数が世界一になることもある、ETFや米国株保有者にはおなじみのもの。ところが、このETFの期限は「2118年1月22日か、選ばれた11人の中で最後まで生き残った人の死亡から20年後のいずれか早い時期」に設定されているそうです。何でこんな設定にしたのか意味がわからん。

 11人は、全米各地に居住している若者ですが、ブルームバーグがこのうち8人を取材したところ、誰もそのことを知らなかったそうです。つまり、ラノベによくありそうな、いきなり謎の人物が現れ、「お前の命が26兆円の財宝の運命を左右するんだ」と実際に言われたことになります。

 もしイスラム過激派なり、ロシアの守旧派なり、アメリカに大混乱を起こしたいと思うのならば11人の命を狙いにスナイパーを送る。それをCIAかFBIのヒーローが全力を挙げて守ろうとする。そんなことが現実に起きても不思議ではないのです。うーむ。

 受益者からすれば、実は結構なリスクでは。でも、そもそも若者の命とファンドの期限をリンクさせようとしたのはなぜなのか。真夏のミステリーともいうべきニュースでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR