FC2ブログ

都心と田舎に住むのは教育的にどちらがいいか



 なんか、都心の8000万円のタワマンと郊外の4000万円の戸建てとどちらが得かなんて話がはやっているようです。特に子育てでは都心のタワマンのどちらが良いかというのですが、よほど優秀な子供を除けば、田舎で子育てするほうがこれからはポテンシャルが高いと思ってます。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 理由は簡単で、AIの進展でホワイトカラーはごく一部を除いて凋落してしまうから。都心に住まないとMARCHに行けないなんて説もネットででていますが、日本のAI研究の第一人者である新井紀子さんによると、MARCHクラスの能力でホワイトカラーになっても将来、AIに置き換わってしまうそうです。それだったら高い教育費をかけて大学に行かせてもあまり意味がのでは。

 むしろ田舎、それも東京郊外とかでなくて、離島とか山奥とかのほうが、サバイバル能力がついていいのではないでしょうか。これはリンダ・グラットンさんも指摘していますが、例えば魚を捕ることはAIにはできません。他には代用できない肉体労働の道を究めれば、そのほうが近い将来は、そこそこの大学を出てホワイトカラーになるよりも、よほど生きやすい。

 これまたネット画像で流れるカイジの利根川のセリフですけど、一流大学を出て、一流企業に入って20年たっても2000万円ぐらいしか貯められない人が大部分です。都会を出て、そこそこの大学似入ってもカネもサバイバル能力もない人になるのだったら、手に職を持っているほうが、将来設計として十分ありではないでしょうか。

 正直、東大、京大のトップクラスか、海外の大学を卒業するぐらいの能力がなければ、学問が武器になれない時代が来ると思います。今こどもに人気のユーチューバーだって、これだけ時代の流れが速いと、プラットフォームそのものが10年もたない可能性があります。それだったら、まず基本として手に職をつけることが大事でしょう。

 とはいえ、我が家は僕と妻の仕事の関係で、ド田舎に住むことはできません。僕自身、生きる力はゼロなので、子供に肉体的なサバイバル能力を教えられません。また、AI時代になってもやはり、学歴社会は残ったという結果になることも十分ありえるでしょう。未来が分からないのならばせめて、子供が困らないだけの金融知識と資産を残すことで、親の責任を果たせれば、と思うきょうこのごろです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR