FC2ブログ

今年度最後の草快塾

 コモンズ投信渋澤会長、セゾン投信中野社長、レオスキャピタル藤野CEOが作る草食投資隊が開く草快塾が26日夜開かれたのでのぞいてみました。今年度最後のテーマは「時代の潮流の変化」として、アベノミクスが我々にどう影響を与えたかでした。

 過去2回参加しておりますが、今回は学生を含めて若い世代が参加していたのが印象的でした。いつもだったら最初に3人の話がありますが、今回は最初から数人の班に分かれて、グループディスカッションです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ





 参加者からは「塩漬けにしていた株価が戻り、精神的なゆとりがあった」という意見がある一方「このままいくと格差が広がるのでは」「富裕層が儲かるだけでは」という懸念もでました。先日私が批判した朝日新聞的な発想ですよね。

 これに対して3人が講評。渋澤さんは、「格差というが、これまでデフレ時代は貯金=何もしないことがよかった。2割円安になったということはグローバルでみると、何もしないと2割資産が目減りしていうということ。これからは世代間や金があるないよりも、動く人と動かない人で格差ができる」と答えました。

 中野さんは「アベノミクスの目的はデフレ脱却であり、デフレが続くと放置したら日本経済は死に至る。経済が病むと給料が減るのは構造上の問題」とデフレの問題点をわかりやすく解説しました。そのうえで、アベノミクスで広がる格差と解消される格差があるとして、デフレ下では、金融資産をすでに持っている高齢者は年金も削られず厚遇されるが、現役世代は給料が減ってしまい、世代間格差が起きる。これに対してアベノミクスが続いて潮流が変化すれば、こうした格差は解消されるが、渋澤さん同様、お金を溜め込んでいるだけの人と、投資に使う人とで格差が出るだろう、と話しました。

 藤野さんは、富裕層が儲かるということだけでなく、美容院に行く回数がこれまで月1回だったのが週3ペースに増えたとか、回転寿司に行列ができるようになった、など身近なところにもプラスの効果が出てきたことを紹介。一人一人が散髪回数を増やす、外食を増やすといった小さなことが行うだけで、経済にとっては大きなプラスになるとされました。こうした状況をみると、アベノミクスで、湿った薪=日本経済にようやく、火がついてきたと評価されました。ちなみに、藤野さんも渋澤さんも最近、ポケットカメラを買ったそうで、アベノミクスの効果がこうした身近なところに出ているというのは、納得できる話です。

 質疑応答では、安倍さんがこれまでと違うのか、目先のキャッシュポジションは、といったものが出ましたが、面白かったのはアベノミクスが失敗するリスク要因が何があるかというもの。中野さんは参院選で自民が大勝すると、自民党内で昔ながらの派閥抗争がはじまることを懸念。渋澤さんは金利の上昇懸念をあげ、1987年に米国の株価が2割暴落したブラックマンデー前の相場に様子が似ていると話しました。藤野さんもブラックマンデーは起こりうるかもしれないとして歴史的に見て10月が要警戒とされました。また、北朝鮮問題や欧州危機の再発など海外にもリスク要因がある、と答えました。ただ、渋澤さんが説明されましたが、ブラックマンデー前に投資をしていれば、その時点では2割下落しても、それから25年たった現在では資産が4倍になっており、長期投資家にとっては目先の下落は関係ないとも。これも納得です。

 終了後、懇親会。たまたまとなりにはいつも拝見しているブロガーのまっき~さんが座られ、投資に限らず、日本の国際化とか興味深い話を伺えました。中野さん、藤野さんとも名刺交換。リアルでもこうした交流ができるのが、大きなメリットですよね。新年度も草快塾は行われるそうです。また4月14日にはワンコインゼミナールが埼玉・深谷で行われ、渋澤会長による渋澤栄一ツアーも行われるそうなので、ご都合が付く人は参加してみたらどうでしょうか

 さて、懇親会で、ある方からSBIの新ファンド「EXE-i」については、ETFの日米二重課税の問題がどうなっているかがカギだと教えられ、なるほどと思いました。このへんになるとコストが実際どのくらいかかるか、素人にはわからないですよね。また発売前に盛り上がるでしょうから、その時に再度検討してみたいとおもいます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR