FC2ブログ

投資は金持ちがするもの



 金融庁や証券業界が求めていたNISAの恒久化について、政府・与党が「富裕層への優遇」という指摘などから認めないとの共同通信の記事が話題になっていました。とくにツイッターでは、僕が投資家のアカウントをフォローしているためか、年間120万円しかできないNISAが富裕層なのかという疑問が結構でていました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 いや、年間120万円も投資できれば富裕層でしょう。日本の貯蓄率は2.56%しかありません。つまり平均的な日本人は97.44%を消費に回しているわけです。かりに、貯金を一切しないで全額投資にまわしたとしても、普通の貯蓄率の家庭なら4687万円の年収がなければ年間120万円の投資ができません。

 家庭の金融資産の中央値は2人以上世帯609万円、単身50万円です。NISAをフル活用すれば600万円になるわけですから、簡単にNISAができる人たちというのは、一般の日本人からすればやはり富裕層といえます。

 むろん、NISAを使っている大部分の人は年収4687万円なんてないでしょうが、倹約して投資に回しています。そういう倹約をしてまで投資をするというのは、一般の人からすると忌避されるわけです。老後資金2000万円問題のとき、野党や左派マスコミが「2000万円」なんて用意できないなんて叩いたのは記憶に新しい。僕自身も投資するのは生活に余裕があると思うので、証券税率を分離課税にするなら25%~30%に引き上げてもいいという考えはこのブログでも何度か書いています。

 また、財務省はとにかく財政赤字を恐れています。消費税引き上げもそうでしたが、NISAを恒久化することにより、証券税制から入る税金が減ることはいやがるでしょう。そうしたことから政府・与党が恒久化を認めないのは政治的には当然であり、今後もよほどのことがないかぎり、認められないのでは。むしろ、現役世代に投資を促す積立NISAの恒久化のほうが望ましいと思ってます。

 もっとも、僕自身は今NISAをフルの600万円使っており、個人的には恒久化してくれたほうがうれしいのですけれどね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR