FC2ブログ

リタイアまで迷走する我が家



 若い頃、上司に「会社に利用されるな、会社を利用しろ」と教わり、そのことが自分の会社員人生の指針となりました。先日、働くことの意義を書いた通り、経済的余裕が達成できたからには、自分がやっている仕事が面白いか、社会的意義があるかが、リタイアへのポイントとなります。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 今年の春に現在の部署に異動するまえは、自分のやっている仕事が面白く、社会的意義はあると考えていました。社内的には窓際のポジションですが、それでも仕事の成果がでたときにはうれしかったし、世のため人のためになっていると思っていました。また、所属部署のチームワークもよく、会社にいくのが楽しかった。それが異動で大きく変わってしまったのが大きい。このへんは実際に会社をやめてから詳細に書きますが、ともあれ、会社をやめると決めたとき、一番混迷したのは家族の賛成を得られるかでした。

 最初に相談したときに妻は大反対。妻も正社員の共働きのため経済的には心配ないことをつたえたのですが、むしろ、僕自身が会社をやめてなにをしたいのかが見えないということと、小学生の娘にどうやって伝えるかということが理由でした。たしかに、金があるからといって一日中家でごろごろされたらイラッとくるだろうし、一応、名のある会社の管理職だっただけに、無職だとすれば子供の教育にもよくありません。

 そこでリタイアして何をしたいのかと考えたら、今から30年近く前、社会の人に役立ちたいと思って就職先を選んだのと同様、世の中の役にたちたいという気持ちが大切だと思いました。親の介護があるため、介護の資格などをとりつつ、これまでも関心のあった子供の貧困対策などについて、実際に自分の体が動かせればいいと結論に達しました。

 困っている人を助けるためにボランティアでも非正規労働でも働ければいいと考え、それを家族に伝え、妻子にも納得してもらいました。理解のある家族で本当にありがたかった。やはり人生で一番大切なのは家族でも何でも、とにかく自分を支えてくれる人がいるかどうかだとしみじみ実感しました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 こんばんは。

 初めてコメントさせていただきます。

 昨年の三菱UFJ国際投信のブロガーミーティングで同じテーブルだったものです。

 同学年です。

 退職されるんですね。

 うらやましいような寂しいような気持ちです。

Re: No title

コメントありがとうございます。

退職するにしろ、会社に残るにしろ50歳というのは
人生の転機になる年だと思ってました。
上手く年をとれればいいなと思ってます。

No title

奥様の理解が得られてよかったですね。

リタイア生活には、ある程度短期的な目標を設定して、それに向かって努力するか、または、ホランティアとかバイトで、何曜日には何をするとかの決め事がないと、毎日をグダグダに過ごしてしまう怖れがあります。だから、夢見る父さんの方針はとてもよいと思います。

介護資格取得とか、子供の貧困対策のボランティアとかをやったら、ぜひ、ブログの記事にしてください。楽しみにしています。

Re: No title

コメントありがとうございます。

確かに目標の設定は重要ですね。一日家にいて粗大ごみ扱いされるなんて話を聞きますし。
とりあえず落ち着いたら何ができるか考えていきたいと思ってます。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR